アメリカの若者も使わない? 英語の筆記体を学ばない理由とは?

315

英語の筆記体(草書体)と言えば、文字を素早く書けるのが特長です。
学生時代、素早く綺麗に書くため何度も練習された方もいることでしょう。

しかし現在では英語圏で使用されることが少なくなっており、アメリカでは「書けない」「読めない」若年層がかなりの割合を占めていると言われています。

また、同じように日本でも筆記体を学べる機会が少なくなっています。
では、なぜ筆記体を学習しなくなったのか。その理由を紹介します。

そもそも「筆記体」とは?

筆記体は、単語の中の文字と文字をつなげて書く「続け字」と呼ばれ、素早く筆記したいときに適しています。
タイプライターが登場する以前は、フォーマルな文書に筆記体が使われていました。

中学校で必修だった「筆記体」

日本の中学校では、長い間「ブロック体(活字体)」と「筆記体」の両方が教えられてきました。
中学校の教育内容が定めれた『中学校学習指導要領』でも学習すべき言語材料として「アルファベットの活字体及び筆記体の大文字及び小文字」と明記されていました。

ですが筆記体の学習に関して、2002年(平成14年)に転機が訪れます。
同年4月に完全実施された『中学校学習指導要領』で学習対象外となり「基本的にブロック体だけでよいが、先生の裁量で筆記体を教えてもよい」というスタンスとなったのです。

「脱ゆとり」を目的とした『新学習指導要領』でも復活することなく、そのまま学習されなくなったのです。

そのため、1989年(平成元年)4月以降に生まれた人(中学入学が2002年4月以降の人)は、学校の授業では筆記体を習っていないのが一般的です。
筆記体の学習経験の有無で平成生まれと昭和生まれを確認するのにも使えるかもしれませんね。

アメリカでも「筆記体離れ」

「筆記体離れ」という現象は現在、日本だけではなく英語圏のアメリカでも起きています。
アメリカでは小学3年生で筆記体を習うケースが多いのですが、コンピューターの普及に伴って手書き文字の指導に以前ほど力を入れなくなってきました。
そのため、若い人たちの間では筆記体がほとんど使われなくなっています。

現在では手紙よりもメール、仕事の書類は全てパソコンというのが当たり前の世の中となっています。
そのため、美しい筆記体を書く技術があまり必要とされなくなっているのは確かです。

ただ素早く書けることに特化しているため、留学生や旅行者にとってはちょっとしたメモや署名などには有効でしょう。
素早く綺麗に筆記体を書けることができれば、ネイティブスピーカーの注目を集めることに繋がるかもしれませんね。
もしよければ、筆記体を学習に取り入れてみればいかがでしょうか?

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です