フィリピン留学では徹底的に英語の基盤を作る!

1

今やフィリピン留学が英語留学先として人気なのは、テレビやインターネットのニュースなどで幅広く知られている。また最近では日本の大手企業も社員の人材教育の一環として、フィリピン留学を英語研修として採用しており、多数の芸能人や著名人などもアメリカやカナダの人気英語留学先ではなくフィリピンを留学先として選択している。(yahoo またgoogleなどで“フィリピン留学をした芸能人”と検索すると調べることができます)

フィリピン留学を始めた知った方のために、フィリピン留学の特徴を簡単に言うと、“安近短”である。他の英語圏での留学より費用安く、日本から比較的近いので移動のストレスもなく、短期でも英語力向上を図ることができる。学習面は個人指導であるマンツーマン授業が中心なので、英語が全く話せない方でも安心して自分の英語力に合わせたコースを選択できるのも人気の一つである。

では、なぜフィリピン留学の特徴であるマンツーマン授業を中心としたカリキュラムでは、英語を学ぶ上で限界という線を引くのか。これまでに留学相談を1万件以上受けたベテラン留学カウンセラーの意見を参考に紐解いていくと。

●スポーツで言うとフィリピン留学は準備体操および基礎作り。
スポーツや学問、ビジネスの全てにおいて事前準備と基礎作りは成功する上で重要な過程である。例えば水泳であなたはまったく泳げない人としよう。フィリピン留学で、水泳の基礎を学ぶとすれば、伏し浮き、バタ足、息継ぎ、水中ウォーキングの基盤をマンツーマン形式で学ぶイメージである。中には泳ぎに自信がある方だと、中級上級コースから始められ、英語で言うとTOEICやIELTSと言った英語基礎力がある上で学習が開始できる専門コースもある。ただ大半のフィリピンに英語を学びにくる方は、英語の基礎が未完成な状態なので、目標を高く設定するのはやる気が出て良いことであるが、まずは身の丈にあった英語の学習をフィリピンで徹底して行うことが効率良いと思う。

●辛い思いをするから英語に強くなる!
フィリピン留学で感じることは、フィリピンも日本と同じアジア人であり、思いやり精神があるということだ。例えば、フィリピンにあるレストランやスーパーなどで現地の人達と話す機会があった場合、日本語訛りの英語でもフィリピン人は理解しようと努力してくれる。これが、本場の英語圏では無言で日本語メニューを出されたり、分かりづらい英語というだけで、冷たい態度を取られることもある。こんな苦い経験は本場英語圏では当たり前のことで、むしろ想定内にしておけば、万が一局面に立たされても打破できる。フィリピンで英語以外に海外での生活にも柔軟に対応できる経験を積むと意識することが大事。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です