英語初心者に、オススメの学校!

top

今の英語レベルは?と聞かれて、
・・・中学英語も怪しい・・・
と思ったあなたへ。

フィリピン留学なら、大丈夫です!

私も留学前は“最近の幼稚園児の方ができる。と思うレベル“と言っていました。
そんな私が、自分の留学のタイミングにあったなら、行きたかった~~~! と思う学校を紹介します。

私の当時の私は、というと・・・
フィリピン留学の始めの頃は、分からないということも伝えられず、先生が私の理解していない顔を見て、身振り手振り、絵を描いたりと熱心に優しく教えてくれました。

私の学校では宿題以外に日記を毎日提出することが義務付けられていましたが、日本でも日記を書いていなかった私には、土日以外同じような毎日で何を書いたら良いのかと悩み、、、それでも何とか書き、でたらめ文法で先生に提出すると、先生は赤ペンで、こう言いたかったんだろうな。という感じで添削してくれました。
でもこれって、本当に私の言いたい文章になってるのかなー?と、直してくれた英語も分からなかった私は、日本人の生徒に私が伝えたかったことと、添削のされた日記を見せたりしていました。

その時に日本語でも教われたらもっと理解が早かったかもと思うこともありました。
しかし、日本で、自分一人で勉強しているときより、周りの日本人も同じ目標なので、質問したら教えてくれる環境はとても良かったですよ。

私の場合はこの様に、できない自分をさらけ出し、周りの生徒に助けてもらい何とか牛歩で前に進んでいました。

しかし今は初心者向けのコースを持つ学校もあります!

なので、周りの生徒に迷惑を掛けなくても、あんなに時間をかけなくてもいいんです!!

それではオススメの学校を紹介します。
特徴が違うので、順位はつけられないです。
(2017年2月末日時点)

BECI(ベシ)
beci
https://philippine-r.com/beci/
バギオにある学校です。

初心者の方には、日本人講師による文法のテストがおすすめです。
現地申請でセミスパルタ(SPEED ESL)の学生のみ選択することができます。
はじめにデポジットを支払うのですが、欠席なく授業を受けた場合、全額戻ってくるので、実質無料です。

フィリピン人の先生で授業をして、分からなかったところを日本人講師のクラスで解消できるなんて効率良い!

勉強面もおすすめですが、校舎は2017年6月に新しくできた校舎で韓国の建築デザイナーということもあって、雰囲気も良くBECIのある環境を生かした建物です。
私は学校見学の際にいくつかの学校やマニラのホテルなどにも泊まっていますが、BECIは学校、寮というより、別荘な感じで、しかも料金は全然高くなくておすすめです。

CNE1(シーエヌイーワン) 
cne1
https://philippine-r.com/cne1/
ターラックにある学校です。
初心者の方におすすめしたいのは、パッケージ マンツーマン6時間 コースで、『話すため』の基礎トレーニングコースにすることです。
日本でお申し込みの際には、「パッケージ マンツーマン6時間」と申し込み、学校に到着後に日本人スタッフが生徒1人1人とカウンセリングをします。その際にご希望を聞きながら、基礎トレーニングコースなどの内容を決めます。
基礎トレーニングコースでは、日本語で書かれた中学英文法・発音の参考書でインプットして、CNE1オリジナルアウトプット教材で応用練習ができます。

他の学校はどんなに初心者でもテキストは全て英語ですが、日本語の独自のテキストを作っているのは凄く良いですね!

また、CNE1は、フィリピン、日本、韓国、ロシアの経営者の学校ですが日本人の生徒率が殆どです。
しかし多くのフィリピン人の先生が同じ敷地内に住んでいるため、授業以外でも自然に英語を話す環境があります。
CNE1のある場所は元々マンゴーの木々があり、そこを現在の経営者達が木を切り作りました。
そんな環境だからこそ、安心の設備も備えたいと、日本に劣らないインターネット設備や、台風などの自然災害でのダメージ軽減の為の学校敷地内の水路の完備、電気のバックアップ設備等を多くの費用をかけ整えています。

寮は現在3タイプあります。
<第1宿舎 ルソン>は、1人部屋と4人部屋があります。
お部屋にはシャワー・トイレがなく男女別、共同ですのでお手頃な金額設定です。

<第2宿舎 ビサヤ>は、2人部屋と4人部屋があります。
お部屋ごとにシャワー・トイレがあります。

<第3宿舎CNE1レジデンス>は、1人部屋のみです。
お部屋ごとにシャワー・トイレ、全室に窓があり、明るく開放的な設計。室内は、モダンで、シンプルなデザイン。個室で静かに勉強されたい方や法人企業の研修でも快適に過ごせます。

おまけ。↓↓
A&J(エーアンドジェー)
https://philippine-r.com/aandj/
バギオにある学校です。
A&Jは通常授業のあとの夜間クラスで日本スタッフが初心者の方に文法を教えています。
今ではレベルが上がった方からもまた教えて欲しいと要望があり教えているそうです。

日本人スタッフのタジマさん(男性)がいる間は。ということなので、いつまでかは分かりませんが以前に私のお客様でA&Jに行った方からは、親身に教えてくれてA&Jに行ってよかった!!とフィードバックを頂きました。

学校にはアメリカ人の講師が一緒の建物で生活しているので、いつでもネイティブの英語を耳にすることができます。

** バギオの特徴 **
熱帯性気候圏に属するフィリピンにおいて、日本の秋季にあたる気候を有する都市です。
平均気温は22-3℃、最高25-6℃程、夜は15度前後になることも有ります。
(セブでは平均気温が26-28℃なので違いがわかりますね。)
バギオではクーラーを使うことは滅多にありません。半そででは寒いくらいですので、
調節のできる服装が良いと思います。

そのため避暑地として多くの観光客が訪れる人気の観光名所でもあります。

バギオの乾期は涼しくフィリピンの中でも避暑地として知られていますが、
6-11月の雨季は雨が多いので湿気も多めです。

マニラ空港から陸路で学校からの迎えの車または長距離バスで4,5-7時間のところに
バギオは有ります。※交通手段や渋滞によります。

マニラ空港からは遠いですが、着いてしまえば帰国までこの距離を感じることは無いです。
またそれぞれの学校からタクシーで中心街へ行くには10~30分ほどです。

バギオから車で約1時間30分でサーフィンやビーチリゾートなど楽しむことができて、一番景観が良いCamp John Heyリゾートにはゴルフ場があります。

乗馬なども気軽にできますので、日本では少し値が張るスポーツがリーズナブルな費用で体験できます。
フィリピンの他の地域にはない爽やかな気候ですので、勉強をする環境としておすすめです!
******************************

色々な学校があるので分からなくなると思いますが、初心者の方はこの2校も検討してみてくださいね~!

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です