フィリピン留学に持っていきたい持ち物

05

フィリピンへ留学の前に、予め出国前の荷物に入れておいた方がよいもの。
逆に現地で買った方がよいものが存在します。

留学先に着いてから「あれがない、これがない」と慌てなくて済むように、あると便利な物、現地で買って揃えた方がよいものについてご紹介しましょう。

出国前に必ずチェック

06

出国前に用意しておくべき必要なものについてです。

・パスポート
有効期間が滞在日数+6か月あるものが必要です。
更に、コピーを1枚とって財布に入れておけば、両替時や緊急時提示が求められた際に便利です。

・航空券
ビザ(査証)取得のために、帰りの航空券の提示を求められることがあります。

・SSP申請のための必要書類
入学する学校によって異なるので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

・現金
フィリピンの通貨「ペソ」は、日本では中々手に入りません。
日本円かドルを持参すれば、空港・ショッピングセンター・銀行・ホテルなどで簡単に両替できます。
国際キャッシュカードやクレジットカードがあると非常に便利。

・海外旅行保険証
海外旅行傷害保険(海外留学保険)には、できる限り加入して下さい。
学校・プログラムによっては、保険の加入が必須となる場合があります。

日本から持ち込んだ方が良いもの

07

フィリピンでも大抵の物は購入可能ですが、あえて日本から持ち込んだ方がお得なものをご紹介します。

・電化製品、電気消耗品全般
乾電池やフィルム、メモリーカード、CD/DVD-Rなどは日本の物のほうが現地のものよりも質が良いです。
デジタルカメラ、ミュージックプレイヤー、ノートパソコンなど。フィリピンの電圧は220V/60Hで、変圧器が必要です。コンセントのプラグの形は日本と同じなので、変換機は必要ありません。

・電子辞書
90%以上の学生が持ってきています。
多機能なものが多いです。

・目覚まし時計
朝8時から授業が始まるところが多いです。
部屋には目覚まし時計がないので、なるべく持参してください。

・クレジットカードや国際キャッシュカード
どちらか一方、または両方あると便利です。

CirrusかPlusマークのついたカードであれば、大抵のショッピングセンターでATMが使えます。
一回の引き出し限度額が4000ペソ(8000円程度)のところもあるので、都度掛かる手数料には注意したいところです。
また、多額の現金を持ち歩いているとひったくりの被害などに遭いやすいので、外出時はこれらのカードと少額の現金を持ち歩くと良いでしょう。

・常備薬
慣れない気候と環境で体調を崩したときのために、風邪薬、胃腸薬、頭痛薬などを持参しておきましょう。
またセブ市内は渋滞と排気ガスがひどいこともあります。
喉が弱い人はうがい薬を、目薬もあると便利です。

雨季に滞在する場合は、虫刺され用のかゆみ止めを持参することをオススメします。

・勉強道具
日本語の文法解説書、単語帳などは初心者・中級者の方には必須な場面も多い筈です。
現地では日本語で書かれた英語のテキストは手に入りません。

日本の文房具は、非常に品質が高いため、使い慣れたものがあれば持っていくのも良いでしょう。

留学先で購入した方が良いもの

08

なるべく、持ち込む荷物は最小限に留めるのがコツです。
ほとんどの物は留学先で購入可能なものばかり。現地で購入した方がお得なものをご紹介します。

・シャンプー・リンス・歯ブラシ・歯磨き粉など
現地の方が安く、こだわりがなければこちらで買い足す方が経済的です。
日本でもお馴染みのメーカーの物が安く買えます。

・生理用品
ウィスパーなどのメーカーのものがあり、種類も比較的豊富ですが、日本より少し質は落ちます。
こだわりのある方は日本から持参した方が良いかも知れません。

・洋服
Tシャツや短パンなどの比較的簡単な洋服、ビーチサンダル、ビーチバッグやスーツケースは現地で安く買うことができます。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です