大規模校と小規模校、どちらに留学する?

107

フィリピンへの留学を考えている学生も多いと思いますが、その際に留学先を選ぶポイントには様々な基準がありますが、特に学校の規模は大切なポイントです。
自分の英語力によっては不向きな留学先というのも存在しますので、大規模校と小規模校それぞれのメリット・デメリットをしっかりと知っておきましょう。

大規模な学校は選択肢が多い

108
大規模な学校というと、100人以上の生徒が在籍するような学校のことです。
そして、そのような学校のメリットといえば、選択肢が多いということでしょう。

大規模校では専門のコースなどが存在し、より専門的な語学を学ぶことができます。
ほとんど英語が話せないという人でも、簡単な英語から順番に勉強できるコースが存在しますので、語学力がある人からそうでない人まで、充実した留学生活を送ることができるのです。
途中でコースを変更したいと思えば変更できるという場所も多いのが特徴だと言えるでしょう。

また、一から英語を学ぶという人に対しての耐性があるため、教師も初級者相手の指導に慣れています。
同じような英語力のレベルを持つ学生を見つけ、友達になるのも簡単にできるでしょう。

デメリットとしては、人数が多いために教師との距離ができてしまうということです。
教師も生徒の人数が多いので、一人にずっと教え続けるのは難しいかもしれません。

さらに、英語力によってクラス分けがされる場合がほとんどですので、クラスによって優劣がついてしまうというのもデメリットの1つ。
そのような競争性が苦手だという人も多いはずです。

小規模な学校はアットホーム

109
生徒数が10人ほどしかいないような、小規模な学校も存在します。
このような学校でのメリットといえば、先生や同級生と仲良くなりやすいという点です。

大規模校と違い、生徒数が少ないため、先生は一人ひとりの生徒に長い時間をかけて指導してくれます。
それは英語力の向上にも繋がりますし、信頼関係も増していくでしょう。
友達などもできやすい環境です。
生徒数がそれほどいないので、全員と仲良くなるのも比較的容易だと言えるでしょう。

生徒数が少ないと、元々家族のような絆がクラスでできているため、そこに入っていきにくいという人もいますが、それは時間がすぐに解決してくれます。
最初はそのような空気に戸惑うかもしれませんが、気付けば「家族の一員」として友情を深めることができるでしょう。

デメリットとしては選択肢が少ないということです。
特に英語力の低い人は、最初はかなり苦労するでしょう。

小規模校は専門的な分野に特化しているコースが多いために、英語力の低い人では授業についていくことすらできません。
もちろん、自分の努力次第でどうにでもできますが、最初は苦労するはずです。

大規模校も小規模校も、それぞれに良い点と悪い点があります。
自分の英語力を考え、どちらの留学先に行くかを決めるようにしましょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です