常識の定義なんて、いつも変わる。

309

昔の常識が、今では常識とは言えないことは多くある。
もしくは、昔の習慣が、今では効率が悪い習慣・行動になっていることも多くある。
特に、社会に出て会社に所属して働くと、そういう場面は嫌でも見ることがあるだろう。

近頃、
英語留学でもそういった現象が起きてきている。
これは、昔の常識という理由もあるが、円安の影響など様々な要因が絡んでいる。

昔でいう、英語留学はアメリカ、カナダ、ヨーロッパといった所への留学が主流であった。
現在も多くの学生がそういった国で英語を学習しに留学に行っているだろう。

ただ最近少し変わってきているのが、『英語留学=アメリカ、カナダ、ヨーロッパ』という選択肢が、それ以外にもあるかもでもしれないってことだ。
そう。それが『フィリピン留学』という選択肢だ。

なんといっても、
1ヶ月20万円程度で行けてしまうし、
授業も1日英語漬けのスパルタ教育というものだ。
低予算で且つ、英語力を手っ取り早く身に付けることができる留学があるのだ。
そんな魔法のような留学が、アメリカでもなく、カナダでもなく、フィリピンで実現するのだ。

実際、
ここ数年、高校・大学団体を始め、企業研修でも多く採用されている点をみると、
フィリピン留学もようやく認知され始めたのかと思う。

もちろん、
スパルタ式での授業スタイルとなるので、
平日はほぼ缶詰状態になってしまう。週末も平日の授業の復習・予習をやったりすることが多いので、
欧米留学のように、留学の醍醐味の1つである文化交流や現地人交流といった事をやる時間はそう多くない。

そういった所に重きを置かず、
短期的に英語力を向上させた人にはオススメの留学スタイルと言える。

常識であったり、定例だったり、そういったものは大事だが、
現社会では情報がありふれている分、たやすく情報収集はできる。
その反面、自分で情報の真意を判断しないといけなくなるので、
自分の目で見て、本当にそれが自分にとって常識なのか、正解なのかといった所を判断する力が必要になる。

その上で、フィリピン留学という選択が、
ベストだと判断した人は、そこから学校選びやコース選びといった段階で進めていってもらえればと思う。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です