環境で人は変わる。

154

そもそも、人は基本的には変わらない。
人のスキルや知的発見の差は、最初の段階ではほぼ同じということだ。

では、どこで差が出て変わってくるのか。
それはインプット量で決まる。
インプットが増えれば、自然にアウトプットも増える。 実に単純だ。

英語を習得するには、2,500時間かかると言われています。
1日8時間が一般的なフィリピン留学で計算すると、312日ほどかかります。
10ヶ月程度でしょうか。

よく人生は、30,000日と言われますが、
そのうちのたった、300日程度です。
それを英語学習に費やすと、出来る事が一気に広がります。

英語を習得したら出来る事

例えば、

・旅行が一段と楽しく、濃密になる。
・海外の友達が出来る。
・英語を使う仕事をする事が出来る。
・英語の映画・ドラマが吹き替えなしで分かる。
・海外に住める。

など。

特に、旅行も興味なくて、海外の友達もいらなーいって人は、300日はもったいないですが、
300日の投資で出来る事がこのように広がると、コスパが良いと思います。

フィリピン留学で、300日(10ヶ月)の留学をする人は多くありませんが、
最近は、フィリピン留学3ヶ月+オーストラリア、カナダなどへの2カ国留学流行りです。

フィリピン留学で基礎英語を学習し、
ワーホリやインターンシップに参加していくという流れです。
もちろん、オーストラリアなどでも語学学校に通う学生は多いです。
しかし、1:15などの授業形式のため、英語学習というより、コミュニティー作りの意味付けのほうが良いです。

フィリピン留学→英語を学ぶ
2カ国目→英語を使う

という区別になります。

だいたいトータルで1年間ほどいく人が多いので、
帰国頃には、完璧ではないものの、英語を不自由なく扱えるレベルになっている事が多いです。

そのステップの最初が、フィリピン留学なので、
これは一番重要です。ここでつまずくと元もこもありません。。。

ここでしっかりとインプットをする事。
アウトプットは2カ国目で存分に出来る様になります。

英語だけに限らず、
インプット量が増えれば、自然とアウトプットは増えていくので、
要は、量の問題なんだと。

私も仕事をしている時は、
その仕事から何が得られるか、それは良いものかどうか。
出来る限り同じ時間で効率よく量をこなしていきたいと思う。
仕事以外でも、いくつか没頭している事もある。

まぁ、そんな事より、もっと刹那的にいくほうが楽だろうなと思うこともあるが、
今年は、一つ、突き詰めて隙のない一年を過ごそうと思う。

人生に角度をつけて生きていけると、やれる事も増えるだろう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です