クラークってどんな街?

294

留学エリアとして人気が高まっているクラークとはどんな街なのでしょうか?
クラークはフィリピンの首都マニラから北西へ約90km、パンパンガ州アンヘレス市の郊外に位置し、車でなら約2時間程度でたどり着くことができます。

気候が安定していて、雨季以外にはほとんど雨がふらず、空気がカラッとしています。
そんなクラークには、かつては米軍基地がありました。

しかし、火山の噴火などをきっかけに米軍が撤退すると、クラークはフィリピンに返還され、1993年には経済特別区に指定されました。
「日本人にはあまり馴染みがない土地」と思うかもしれませんが、実は太平洋戦争時には、日本軍がクラーク空軍基地を運用していたこともあるなど、日本ともつながりのある地域なのです。

カミカゼイースト、カミカゼウエスト

クラークの街でぜひ見ておきたいのが、カミカゼイーストとカミカゼウエストです。
太平洋戦争中に最初の神風特攻隊がクラークから出撃したことから、クラークにはいくつかの戦争の記録が残っているのです。

カミカゼイーストには石の鳥居や平和を願う石碑、そして特攻隊員の像があります。
カミカゼウエストには神風特攻隊に関する祭壇や、戦時中の防空壕の跡などがあります。
休日にはこういった場所に出掛けて、日本とフィリピンの歴史に思いを馳せるのも良いですね。

クラークのおでかけスポットは?

295
クラークのおでかけスポットは他にもたくさんあります。

・ピナツボ火山
澄んだ火口湖が特徴のとても美しい山で、トレッキングツアーも人気です。

・クラーク美術館
日本軍がいた頃の歴史も含め、クラークの街を詳しく知ることができる展示がたくさんあります。

ショッピングエリアやレストラン、レジャー施設や免税店なども充実していますので、充実した毎日を過ごすことができますよ。
またクラークは、比較的リーズナブルに利用することができるゴルフ場が多いことでも知られています。
特に、ミモザゴルフ場は、あのタイガー・ウッズもラウンドしたという有名ゴルフ場です。

クラークへの留学のメリット

クラークの語学学校は、日本からの留学生が比較的少ないという特徴があります。
一度留学してしまえばほとんど日本語を喋る機会が無くなるため、学習に集中できる環境が整っているといえるでしょう。
語学力の高いネイティブの講師によるマンツーマン授業を取り入れている学校も多いので、生きた英語が身につきやすいですよ。

また、経済特別区ならではの治安の良さや、学校の広さもクラーク留学のメリットのひとつ。
クラークの街は、留学中の毎日を有意義に過ごしたいという人にオススメです。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です