暗記では不十分、英会話は「シミュレーション で伸ばそう!」

186

英語のスピーキングは意識して練習しないとなかなかうまくなりません。
いくら文法や単語、フレーズを覚えても「会話の中で使えない」「いざという時に出てこない」ということになりがちです。

スピーキングは、ただ知識を増やせば伸びるというものではありません。
どんどんスピーキングが上達する人に共通する、ある練習方法があるのです。
その方法をご紹介します。

「パッシブな語彙」と「アクティブな語彙」の違い

187
日本の勉強法は暗記文化だと言われます。
英単語を覚える際、単語帳などでとにかく記憶することだけを重視してしまいます。
そうして語彙を増やすことはできるのですが、この暗記しただけの語彙はパッシブ(受動)の状態でしかありません。
外からの情報をただ記憶しただけです。

これをスピーキングで使えるようにするには、語彙をアクティブ(能動)に変える必要があります。
機械的な暗記では場面を想像することができず、実際に使えるようにはならないのです。
アクティブな語彙を増やして初めて、スピーキングで実際に使うことが可能になるのです。

シミュレーションで実践力を鍛えよう

スピーキング力を鍛える手軽で高い効果を持つ方法が、シミュレーションをすることです。
周囲にスピーキングの上手な人がいたら尋ねてみてほしいのですが、そうした人たちは自然とシミュレーションをしていることが多いのです。

新しく単語やフレーズを覚えたら、頭の中でシミュレーションを行いましょう。
たとえば一眼レフカメラという単語を学んだとしましょう。”single lens reflex”を省略してよくSLRと言うのですが、これだけでは覚えにくいですし、実際に会話で使えるかどうかもわかりません。
そこでシミュレーションです。

一眼レフを使って写真を撮ってくれる友達を想像して、
“It seems that many use Japanese SLR. I wonder why?”
「日本製の一眼レフを持っている人って多いみたいだけど、なんでかな?」と実際に会話を作ってみるのです。
こうすることで新たに覚えた単語がアクティブに変わり、あなたが会話で使える英単語になるのです。

さらにもう一歩上に行くのならば、自分で会話をどんどん繋げるシミュレーションが有効です。
自分と誰かが話をしている場面を想像して、双方の会話を自分で考え繋げていくのです。

もしも、どう英語にしたらいいのかわからない表現を見つけた時には、すぐに辞書やインターネットで調べましょう。
この練習で自分の中にあるパッシブな語彙をアクティブにしつつも、新たな表現を習得することができます。

シミュレーションはスピーキングを鍛える方法として最適です。
一人でどこでも、声を出さずに練習でき、実践力を伸ばすことができます。
ちょっとした空き時間にシミュレーションを繰り返すことでスピーキング力に大きな差がつくことでしょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です