最も過ごしやすい都市に認定!ダバオの魅力とは?

219

フィリピン観光省により、2008年に「最も住みやすい都市」として認定されたダバオをご存知ですか?
ダバオは機能的な街と多くの自然が共存し、フィリピンの中でも台風が来ない場所として有名です。
今回はそんな「ダバオ」の魅力をたっぷりご紹介します。

ダバオってどんなところ?

フィリピンで一番面積が広いダバオ市はフィリピン諸島の南に位置し、マニラ、セブ、の次に発展している都市で153万人の人々が暮らしています。
ダバオにはマニラから国内線で1時間40分、マニラが東京ならダバオが大阪と言ったイメージです。

ダバオには発展した都市機能だけでなく、天然資源、山や海、野生動物保護区、も豊富にありレジャーや観光も楽しめます。
年間の平均気温は27.2℃と過ごしやすく、雨季や乾季もないので一年を通じて気候の大きな変化がありません。
そして台風発生海域より南に位置するので、フィリピン特有の台風はほとんど通りません。
また、この温暖な気候によりトロピカルフルーツの産地としても有名です。

治安が良い

ダバオ地方はフィリピン内の治安の悪い都市の状況とはかけ離れており、旅行者にも安全な都市です。
タバコのポイ捨てなども厳格に禁止され、街全体の雰囲気がとてもいいのが魅力です。
犯罪発生率も低く、観光リゾートならではの開放的な雰囲気が広がっています。

充実した交通機関!

220
●トライシクル
バイクの後ろに積んだ座席にお客さんを乗せて走る「トライシクル」は細い道も走れるので、ダバオに住む人々が通勤通学に欠かすことのできない交通手段です。

乗る前に行先を運転手に告げ、目的地に着いたら「パーラ」と言うと降ろしてくれます。
運賃は下りる前に運転手に渡します。運賃は学生が5ペソ、大人は7ペソ、 乗客の最大数は5人までです。

●ジプニ-
ジプニ-はダバオでバスのような役目をしており、街に出ればすぐに見つかります。

フロントガラスに行き先が大きく書かれているので、行きたい方面のジプニーを見つけたら右手を上げて停めます。
降りたい場所で「ルガーラン」または「パーララン」と言うと停まってくれます。
小さいジプニーは12人乗り、大きいジプニーは20人乗り、運賃は7ペソ~8ペソです。

●タクシー
ダバオの前市長が粛正を行い、不正タクシーが一掃されたので、メーターを使わず不当な値段を要求する怖いタクシーは存在せず、旅行者でも安心して利用できます。
30ペソ=60円が初乗りで、市内を移動するなら100ペソあれば十分なのでとても便利です。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です