英語脳を作ることで留学がより充実する!

19

英語を学ぶために留学を希望する方でも、事前に最低限の英語力が必要になります。
しかし英語を聞いて日本語に変換し、日本語を英語に変換して答えていては留学先で会話1つするのに苦労してしまいます。

より留学をスムーズにするためにも、事前に英語脳を作っておくことをオススメします。

英語脳とは?

英語で聞いたことを英語のままに理解して、日本語を話すように英語が口から自然と出てくると、英語脳を作るのに成功したと言えるでしょう。
このような英語脳を作ることにより留学先で会話がいちいち途切れることも少なくなりますし、日本語に翻訳して理解しようとする癖も抜けます。

英語脳と言うと「幼児期の頃に身につけるもの」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、日本での日常生活で英語を使う癖をつけることで英語脳を作ることができるのです。

日本にいながら英語脳を作るには

20
英語脳を作るといっても、難しいことをするわけではありません。私たちは「How are you?」といった簡単な挨拶なら、日本語に翻訳しなくてもなんとなく分かりますよね。
このように簡単なものから英語を英語として理解するようにします。

まずは、自分の身の周りのものを英語で表現してみましょう。
たとえば手元にペンがあれば、
■This is a pen.
(これはペンだ。)
■There is a pen.
(ペンがある。)
という風に表現します。
周囲に人がいなければ、口に出して言いしょう。
この時、日本語で考えないようにすることが大切です。
英語での言い方が分からないものがあれば、
そして、覚えたら付箋をはがしましょう。その都度調べて付箋に書いて貼っておきます。

また、
■I’m glad.
(嬉しい)
といった自分の気持ちも英語で表現できるようにしましょう。
なかなか英語での表現がうまくいかず、イライラすることもあるでしょう。
しかし焦らずに取り組むことで、次第に英語で複雑な表現ができるようになります。

シャドーイングで英語のリズムに慣れよう!

21
シャドーイングとは、耳で聞いた英語をそのまま真似て口に出すことです。
シャドーイングをすることで、英語のリズムや速さに慣れることができます。
英語の意味を理解せずに、最初は聞こえたものをそのまま口にしてみましょう。

もし、どうしても聞き取れない場合は、その文が書かれているものを見るようにしましょう。
聞き流すのではなく意識して英語を聞き取ろうとすること、英語を口に出すことで、英語を聞き取る力や会話力が上がります。

このように生活のなかで英語と触れる機会を増やして、留学前に英語脳を作るようにしてみてはいかがでしょうか。
以前に使用していた教材やNHKのテキストなど、簡単なものからぜひ始めてみて下さい。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です