ケース別:英語の表現方法「どういたしまして」編

286

英語というのは、表現のバリエーションが日本語に比べて少ないと思っていませんか?
しかし、そうではない言葉もたくさんあるのです。

英語の授業で習った「どういたしまして」といえば「You’re welcome」ですよね。
英語で「Thank you」と言われたら「You’re welcome」と返す日本人はとても多いものです。

しかし「You’re welcome」はどちらかというと、ややフォーマルよりの表現なのです。
たとえば日本語の場合でも、仲の良い友達や家族に「ありがと!」「ありがとね!」などと言われた時に「どういたしまして」とかしこまって返すのは少し不自然です。
日本語と同じく、英語の場合にも状況に応じた言葉の使い分けがあるのです。

では、「Thank you」に対する返答のバリエーションをチェックしてみましょう。

「That‘s OK」「That’s fine」

直訳すると「それで大丈夫」になりますが、ニュアンスとしては「大丈夫!」といった雰囲気になります。
「構わないよ」とか「全然!」といった感じの、とてもカジュアルな返答です。

「No problem」

直訳すると「問題ない」となりますが、意味合いとしては「大丈夫ですよ」という感じです。特に問題はないとか、特に困らない、というニュアンスを伝える言い回しでもあります。

これをさらにカジュアルにして「No prob」「No probs」と言う人もいます。
また、オーストラリア方面ではこれによく似たニュアンスで「No worries」(心配ないよ)といった表現もよく使います。

「Any time!」

「いつでも」というこの言葉は、「いつでもそのぐらいは構わないよ」という気持ちを込めた言い回し。
「これぐらいのことならお安いご用、いつでも言って」という感覚で使います。

「Sure!」「Sure thing」

主にアメリカでよく使われる「どういたしまして」の表現方法です。
「当然のことをしたまでだよ」とか「いいっていいって」といった、とても軽い言い回しになります。

「You bet」

「賭ける」という動詞を使ったスラングもあります。
主にアメリカで、とてもフランクな場面に使う表現です。

「It’s my pleasure」「The pleasure is mine」

直訳すると「それは私の喜びです」となります。
手助けできて嬉しいです、お役に立てて嬉しいです、という丁寧なニュアンスですね。

「You’re most welcome」「You’re more than welcome」

これは「You’re welcome」をさらに丁寧に、強調して伝える言い回しです。
日本語だと「とんでもございません」といったニュアンスになりますね。
ビジネスシーンでよく使われる表現です。

「Don’t worry about it」「Don’t mention it」

287
それぞれ「心配しないで」「そんなこと言わないで」という意味になります。
そんなこと心配しなくていいですよ、そんなこと言わなくてもいいですよ、という気持ちの時に使います。

英語でも日本語でも、感謝の気持ちはきちんと言葉に出さないと伝わらないのは同じです。
状況に応じて、さまざまな言い方を試せば、会話がもっと豊かになりますね。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です