フィリピンの人気ファーストフード

43

ファストフード大国フィリピン。
お米の消費量が日本人の約3倍のフィリピンらしく、ファーストフードもほとんどのメニューにライスが付いてるのが特徴。
日本とは違うフィリピンの代表的なファストフード店3店舗をご紹介します。

【ジョリビー(Jollibee)】
1

まず圧倒的人気と店舗数を誇るジョリビー。
3歩歩けばジョリビーに出会えると言われるほど人気で、フィリピン国内に1200店舗以上あるにも関わらず、いつでも大行列です。
また蜜蜂をモチーフにしたキャラクターのジョリビーも人気でTシャツなどキャラクター商品もあります。

2

メニューは日本で言うファミレスの様なラインナップで、パスタやチキン、もちろんハンバーガーもあります。
フィリピン人好みの甘めの味付けが多く、パスタにはバナナケチャップを使ってたり、チキンに添えられたソースはグレイビーソースだったりご飯のセットが豊富で、フィリピンでマクドナルドがシェア1位になれないのは、こういったフィリピンの食文化を重視したメニューを揃えてる為だと言われています。
元々アイスクリーム店だった為、アイスクリームがセットになっているメニューもあります。
香港やアメリカなど世界各地に展開し、日本にも進出を考えている様で、日本でもジョリビーを見かける日も遠くはないかもしれません。

【チョーキン(chowking、超群)】

3

こちらもフィリピン全土に店舗展開する中華料理のファストフード店。
実はこちらもジョリビーの系列店。
唐揚げや焼きソバを盛り付けたワンプレートメニューや中華丼・焼飯・焼きソバ・ワンタンメン等の単品メニューなどがあり日本人の口にも合います。
何より人気なのが、フィリピンを代表するデザート「ハロハロ」。ハロハロとは店によっても中身が違いますが、基本的にはココナッツミルクがかかったカキ氷に果物やゼリーやウベ(紫芋)のアイスクリームなどが乗っていて、それをハロハロ(ミックス)して食べる定番デザートです。
価格も比較的安いので、野菜を摂りたい時などにも利用してみてはどうでしょうか。

【マンイナサル(MANG INASAL)】
4
こちらもフィリピン全土に店舗展開している、バーベキューチェーン店です。
骨付きチキンはジョリビーよりこちらの方が日本人好みの味のようで人気です。
イナサルというのは調理法のことで、マリネ液に浸した肉を炭火で焼く調理法のことです。バナナの皮の上に食事が乗って出てきます。
ライス食べ放題のサービスが特徴で、手を挙げれば、店員が大きな筒型に入ったライスを配給してくれます。フィリピン人の中にはキナモットと呼ばれる手でライスを食べる方法してる方もおり、日本では出来ない体験をしてみるのも良いでしょう。

他にも日本食を展開しているトーキョートーキョー(Tokyo Tokyo)やカラフルなデコレーションのドーナツを置いているゴーナッツ・ドーナツ(Go nuts Donuts)、もちろんマクドナルドやケンタッキー、バーガーキングなどもあります。
これだけ多種多様なファストフード店がある国は中々無いので、ファストフード店巡りをするのも楽しいかも知れません。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です