熱狂と威厳の共存、ビコール地方最大の「フィエスタの姿」

189

フィリピンではフィエスタが各所で開催され、盛り上がりを見せます。
中でもビコール地方で開かれる最大のフィエスタ、フィースト・オブ・ヌエストラ・セニョーラ・デ・ペニャフランシャ、通称ペニャフランシャ祭りは盛大で、近くに留学する機会があるのなら是非一度は見ておきたいお祭りとなっています。

今回はそのペニャフランシャ祭りの魅力をご紹介します。

どんなお祭り?

ペニャフランシャ祭りはビコール地方の商業都市・ナガ市で開催されます。
ペニャフランシャとはもともとはスペインの地方の名前で、ナガ市にはそこからやってきた木製の聖母マリア像が保管されています。
毎年9月の第三土曜日になるとマリア像はナガ・メトロポリタン大聖堂に移され、そこから9日もの間人々は祈りを捧げ続けます。

日本のお祭りも宗教的な儀式であることは多いですが、あまりそれを意識することはありません。
一方このペニャフランシャ祭りはカトリックの人々が聖母マリアを通して祈りを捧げる祭りであるため、日本の祭りとは違う雰囲気の興奮が感じられます。

一番の見所はクライマックス

ペニャフランシャ祭りが一番盛り上がるのは何といってもクライマックスです。
祭りの最終日、マリア像は半球状の山車に載せられて大聖堂を出発し、市内をパレードします。

マリア像になんとか擦り付けてもらおうと、人々はタオルやハンカチを投げかけます。
熱狂的な信者たちが山車に登ろうとするのを聖職者たちが押し戻し、信者が山車から滑り落ちるたびに歓声が響きます。

パレードの最後にはマリア像は船に移され、市内を流れるナガ川を下り、また元あった教会に戻ります。
この間も人々はキャンドルにあかりを灯し、聖母マリアへ祈り続けるのです。

国内はもちろん外国でも

190
ナガ市は商業都市ではありますが、首都のマニラに比べれば小さな街にすぎません。
しかしペニャフランシャ祭りにはフィリピン中から、そして国外からも多くの人々が詰めかけます。
この機会を利用して里帰りするビコール人も多いのです。

またビコール地方出身者が集まって外国でもこの祭りを開催しています。
それほどこの地方の人々にとっては大きな、そして大切なイベントなのです。

このようなペニャフランシャ祭りはビコール地方の人々の心に根付いた、盛大な祭りです。
彼らにとっては故郷を思い出し、カトリックとしてのアイデンティティを感じるための重要な行事となっています。
もしフィリピンに留学するのであれば、ペニャフランシャ祭りのパレードに足を運んでみてください。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です