フィリピン留学必需品グッズ勝手にランキングBEST5

20130429wheretogo_01

<第1位 携帯ウォシュレット>
日本人にとっては当たり前の温水洗浄便座式トイレ(通称:ウォシュレット)も海外で日本ほど普及している国はゼロに等しいです。ウォシュレット付きトイレを期待するほうが間違っていると思っていいでしょう。特にフィリピンのトイレ事情は先進国レベルで、水圧も低いのでトイレットペーパーを流すことが出来ず、備え付けのゴミ箱に捨てるのが一般的です。また市販のトイレットペーパーも再生紙を混ぜているので値段も安いですが、紙が硬いのが気になるところ。携帯ウォシュレット1台あれば、普段のトイレ利用時も快適で、また海水浴などやリゾートプールに行った時も安心してトイレを利用することができる。
私には欠かせない必需品です。

<参考サイト>
TOTO携帯ウォシュレット
http://www.toto.co.jp/products/toilet/travel_washlet/index.htm

第2位 タオルケット
フィリピンにある語学学校は宿舎と一体型で、留学生はドミトリー(学校寮)で生活するのが一般的です。当然のことながら寮の部屋にはベット、枕、掛け布団がありますが、大半の語学学校で用意している掛け布団は、ベットシートほどの大きさと薄さなので、布団を掛けて寝てる気がしないことがあります。大した荷物にならないので、日本から1枚持って行くことお勧めします。

<参考サイト>
無印良品
https://www.muji.net/store/cmdty/section/S10502

第3位 機内用ピロークッション
フィリピンは日本から僅か4~5時間の飛行時間なので、必要と感じる方は少ないと多いますが、機内以外でも活躍するのが機内用ピロークッション。学校の寮生活中でも枕代わりや週末などで遠くの海やリゾートへ移動中の車内でも大活躍します。私はお部屋のベットで寝っ転がって勉強するのが好きなので、その時は首にしっかりと機内用ピロークッションを付けて、首の負担を無くし、学習してました。1個持っていて損はしません。

<参考サイト>
楽天市場
http://item.rakuten.co.jp/travel-passport/c/0000000514/

第4位 バスルームポーチ
留学の滞在方法をルームシェアの相部屋を希望した場合、ルームメイトと共同利用するのが洗面所および浴室である。そして男女共通して必要となるアメニティ(洗面用具)は最低でも、シャンプー、リンス、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、綿棒、ヘアーブラシである。例えば、3名1室の寮に入った場合、浴室に置かれるアメニティの数もかなりの量になる。常に整理整頓を心掛け、紛失や間違って他人の物を使わないためにも1個お持ちになることお勧めします。

<参考サイト>
楽天市場
http://item.rakuten.co.jp/suitcase-shop/72040320/

第5位 日本の目薬
普段必要としない方でも、慣れない環境での生活となると普段以上にストレスを感じ、頭痛や目の奥に疲れを感じることが多いです。長時間の英語勉強やリゾートホテルでの海水浴後などは、余計に目が重く感じますので、普段から使い慣れている目薬で疲れ目を癒してあげて下さい。

<参考サイト>
価格ドットコム
http://kakaku.com/medicine/eye-medicine/ranking_7544/

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です