長い植民地時代を乗り越えたフィリピンの歴史

256

フィリピン留学を考えるとき、どんな歴史のある国なのかを知りたいと思いませんか?
留学前にその国の歴史や文化を学んでいると、現地に行ったときも交流がスムーズになります。
今回はフィリピンの歴史を中心に詳しくご紹介します。

大航海時代以前

紀元前1万~紀元前8000年にかけてフィリピン諸島が大陸から分離すると、新石器文化を持つ原始マレー、農耕文化を持つ古マレーといったマレー系民族が次々と定住しはじめ、先住民族と共存しながら現在のフィリピン人の祖となります。
その後、イスラム教が渡来するようになるとマニラはイスラムの町として発展し、現在にもその影響は色濃く残っています。

大航海時代

1521年にポルトガル人のマゼランがヨーロッパ人として始めてセブ島に上陸し、フィリピンの人々に服従を求めますが、マクタン島の首長であるラプがマクタン島の戦いを起こし、マゼランは命を落とします。
民族を守ったラプは英雄として今もその名を歴史に残しています。
その後スペイン船団が来航してフィリピンを開拓し、当時のフェリペ皇太子の名をとって「フィリピン諸島」と名づけたと言われています。

スペイン統治時代

マゼランの死後、次にフィリピンを訪れたのがスペイン人のレガスピです。
彼はセブ島をスペインの植民地とする為に次々と攻撃を仕掛け、フィリピンを制圧します。

マニラを首都と決めたレガスピは、その後もを攻撃を続けますが、マレー人の激しい抵抗により制圧を失敗に終わらせます。
マゼランがセブ島を発見してから続いたスペイン統治時代は約333年もの長い間続きました。

アメリカによる支配

257
1898年にアメリカがフィリピンの独立運動を支援すると表明し、スペインとアメリカの間に米西戦争が勃発します。
この戦争にアメリカが勝利し「フィリピン第一共和国」としてアメリカの植民地となります。
当初は「アメリカがフィリピンを救う」と思われましたが、その後の北西戦争で結ばれたパリ条約でフィリピンの領土はアメリカと割穣されたのです。

これに反発したフィリピン人はアメリカを攻撃し、米比戦争が勃発します。
この戦争で60万人のフィリピン人が殺害され、大統領のアギナルドはアメリカ軍に捉えられフィリピン第一共和国は崩壊してしまいます。

フィリピンの独立

1916年、マニェル・ケソンによりアメリカ議会でフィリピンの自治を認める法律が可決し、10年後にフィリピンの完全独立が約束されますが、フィリピンはまだアメリカによる統治下にある状態でした。
その後、第二次大戦で日本軍がフィリピンを占領し、終戦までの3年間日本がフィリピンを統治します。
何度も独立を宣言したフィリピンですが、真の独立国家となるのは第二次世界大戦で日本が敗戦した1946年になってからです。

その後のフィリピンは何度か政権交代を重ね、第11代大統領のアキノ氏が現代フィリピンの礎を築きました。
現在の第14代大統領には「貧困の撲滅、政治倫理の確立、治安の改善」を唱えるアロヨ氏が就任しています。

フィリピンの歴史には長い間支配下に置かれた植民地としての苦しい時代が重くのしかかっています。
しかし、フィリピンの人々はそうした歴史を克服し、明日へ向かってたくましく生きています。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です