フィリピン、ホーリーウィークにご注意を!

90

フィリピンと言えば、祝日が多い国です。
しかも、政府が突然発表して急に祝日が決まることもあります。
ですので、フィリピンへ行かれる際は事前に祝日のチェックを行っていても、祝日が増える可能性があったり、祝日がずれたりしますので、フィリピンの国民性だと思って頂くしかありません。また、場所によっても祝日がことなります。

フィリピンの祝日で最も気をつけて頂きたいのが、3月または4月にあるホーリーウィークです。キリスト教徒が大半を占めるフィリピンでは、この期間教会を訪れたり、街を練り歩いたりして、お祈りをするようです。

2017年は4/13~16でしたが、レストラン・ショッピングモール・マッサージショップ・その他ほぼ全てのお店が閉まっていて、街は閑散としていました。
唯一あいていたのはコンビニとファストフード店でした。

また、航空券も高かったり、フェリーも動いていなかったり(唯一ocean jetはお昼に1本のみ運行していました。バコロド⇄イロイロの場合)と、予定通りに行動出来ない状況でした。

地元の方々もフェリーに関しては、え?やってないの?1便だけ?と戸惑っていたので、事前に変更の情報は出回っていないようです。

心配な方は、直接事前に問い合わせる必要があります!!

ホーリーウィークがどんな様子かというと、、
初日は朝から車も人もあまりいません。しかし、夜になると何故か渋滞。何故だろうと思っていたら、みなさん夜に教会へ行かれていたのです。

車と人がひっきりなしに教会へはいっていかれる様子は、日本にはないので目に焼き付けておきました。

2日目もお店は閉まり、朝から閑散としています。ちらほら大きなキリストを乗せた台車を移動させている集団が。台車も綺麗に装飾されています。
夕方5:30くらいから、大きなキリストをのせ、装飾した台車を引いて、街を練り歩いていました。
親族またはグループごとと言ったらいいのでしょうか、それぞれ台車の様子は違っていて、連なって同じ方向へ歩いていきます。きっと教会でしょうか。
この様子も日本ではまず見ることが出来ないので目に焼き付けておきました。(イロイロという地域)写真をとっていればよかった。。。

3日目、4日目はようやくショッピングモールや一部のお店があき、少しずつ日常へ戻っていく感じでした(あくまで個人の見解です)

つまり、留学される方や、旅行へ行かれる方はこの時期を避けた方がいいです。
学校はお休み、レストランやモール、スーパーもお休みです。
(フィリピンオーナーでなければ開いているレストランもあるようです)

もし、現地にいてホーリーウィークを迎える場合は、事前に買い出しが必要です。
ご注意ください!
また、旅行を計画立てる際はフェリーなどの運行予定を事前に確認したほうが懸命です!

どうしても場合はコンビニかファストフードを頼ってください!

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験