世界に伝えたい!日本の子供達はセブ島で英語力を磨いている。Vol, 1

1

『可愛い子には旅をさせよ』とは昔も今も変わらぬ格言であるが、大事な子供が自分の家を出て、馴染みのない土地で生活する苦労や困難が子供を成長されると思い切れる親は果たしてどれぐらいの割合なのか。ましてや行先が海外だとすれば慣れない土地での生活より大きな壁となる言葉の問題があるのだから、可愛い子を旅に出した親の心中を察することは難しくはない。

ただ、いつか子供は巣立っていき、今後競争の激しさが増す予グローバル社会での生活が待っていることは、今のニュースや新聞を見ていると予想がつく。10年後、いやもっと前にグローバル社会に不可欠な英語対話力と外国人とのコミュニケーション力を兼ね備えた日本人が就職活動のベースラインに立っている時代に大きく変わっているかもしれない。そんな将来を見据え、感受性が豊かな時期の子供を早い段階から“旅”に出す親が旅先としてリストアップするセブ島の英語キャンプを2部制にしてご紹介します。

安近短の3拍子揃った英語キャンプ地。

まずは『安さ』です。他国と比較してみると、例えば英国、米国、加国、豪州などの英語圏での平均的なキャンプ費用は、1週間25万、2週間50万が相場で、その他渡航費、海外保険やお小遣いと諸々の諸経費が掛かる。これがセブ島の場合だと半分の費用で収まってします。次に日本から直行便を使えば4時間半で行ける『近い』も子供にとっては、米国や英国などの10時間以上のロングフライトに比べ負担も半減する。また子供のキャンプ生活を一目見ようと思えば、週末を使って来ることが出来るのも日本から近いからだ。
最後は『短さ』です。1~3週間の短期でも結果に拘るセブ島英語キャンプは、カリキュラムが非常に良く作られている。キャンプを開催している語学学校では、専門のキャンプ部署があり、既に1万人以上の小中高の参加者データーベースが集約されている。このデーターベースと経験をもとに、参加者の英語力を細かく分析して、一人一人に合った学習内容を構築してくれる。1日の授業時間は7~8時間に加え、予習復習や英語アクティビティなど英語漬けの生活となり、特筆するべき実績とすれば、小学5年生が2週間のキャンプで英検準2級合格、高校2年生がTOEIC最高310点アップなど驚くほどの結果を出している。

生活面においても初めての海外の方向けの手厚いサポート。
年齢問わず海外生活での不安要素は、『医療』『住居』『食事』と言われている。
医療については、セブ島は日本人贔屓されてます。セブ市内の大病院には、日本人専用デスクがあり、日本語でOKと海外保険もキャッシュレス対応となるので安心。
キャンプの住居には、日本人スタッフが24時間体制で常駐しており、夜中でも対応してくれる手厚いサポート。またキャンプ地には大病院から定期的に医師の往診があるのも、他国の英語圏キャンプではありえない、強力な医療サポートである。

『食事』は、栄養士がバランス良い献立で1日3食用意してくれ、殆どの食事内容は日本人の口にあう所謂“日本食”となっているので、食べ盛りの子供にとっては毎日の食事が楽しみになるでしょう。

Vol,2に続く。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です