効率の良い英単語の覚え方

82

母国語なら新しい単語を覚えるのは簡単なのに、英単語を覚えるのは中々難しい。
せっかく覚えたと思っていても、ふと思い出そうとすると全くと言っていいほど出てこない。こんな経験が皆さんにもある筈です。

今回は、効率的な英単語の覚え方をご紹介します。
自分に合いそうな方法であれば、是非実践してみてくださいね。

基本は綴りを覚えるために書く

83
何かを覚えるために書く、これは英単語の「綴り」を覚える上でも効果があります。
ただし、この「ひたすら書く」という行為は、綴りを覚えるのには効果がありますが、単語を実用できる形で覚えるには少し足りません。

単語の綴りの練習をする時は、声に出して読むようにしてください。
書きながら読むことで、単語の綴りを覚えるだけではなく、発音も一緒にマスターできるようになります。
実際に学習した単語を会話で使う時の抵抗感も小さくなります。

また、単語を読みながら単語の意味するものを実際にジェスチャーするのも良い方法です。
例えば”stumble”と言いながら、その場でつまずく動作をしてみたり、”throw”と言いながら投げる動作をしたり、こう言った具合です。
頭で覚えるのに加えて、体で単語を覚えるのも効果的な学習法になります。

日常に存在する単語は、都度思い浮かべて復習

84
日常生活の中には英語が満ち溢れています。たとえば、買い物にいくときに”shopping”、リンゴを手にとって”apple”と単語を当てはめてみましょう。
電車が混雑していたら”Crowded”、雨が降っていたら傘を手にとって”Umbrella”、広場にハトが歩いていれば”Pigeon”などなど。

日本語では出てくるのに、英語で出てこないものについては、メモをとって後で調べておきましょう。
毎日見ているもの、触れているものですので、無理なく毎日復習ができます。

「接頭語」と「接尾語」を活用して覚える

85
単語自体の意味は分からなくても、使用されている漢字を見たら大体意味が分かる、こういったことがありますね。
英単語も、単語中の「接頭語」や「接尾語」から意味を推測することが可能です。
例えば接頭語の”Com”。
これは「一緒に、ともに」といった「繋がり」を意味します。

Com- が使われている単語の例
Community(地域社会):「人」が「集まる」=地域
Complete(完全な):全てが「集まった」とき「完全」となる、など連想すると覚えやすいです。

接尾語とあわせ、更に意味づけが簡単になる場合
Compress:Com(一緒にして)+Press(押す)=圧縮する
Combine:Com(一緒にして)+Bine(まとめる)=合併する

こうした接頭語と接尾語を通して、単語の構成と意味を組み合わせながらだと、単語を覚えるのは格段に簡単に、楽しくなるはずです。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です