寝ながらリスニングで記憶!? 効果的に英語を身につけるには

195

眠りにつく前にベッドの中でリスニングをするだけで、効果的に英語を身につけることが出来るといわれていることをご存じですか?

そこで今回は無理なく英語を習得するための、睡眠前の学習方法についてご紹介したいと思います。

【寝る15分前は記憶のゴールデンタイム!】

眠りにつく15分前は「記憶のゴールデンタイム」であるといわれています。
人は眠っている間に記憶の整理をするということは皆さんもご存じかと思いますが、特に寝る直前にとり込んだ情報から整理していることが、最近の研究で明らかになってきています。
そのため眠りにつく15分前が重要となるのです。

さらに十分な睡眠をとることで、新しく記憶したことを脳にしっかり定着させられるともいわれています。
これらのことを踏まえると、覚えたことを忘れないためには「徹夜で学習する」よりも「重要なことを眠る直前に行い、十分な睡眠をとる」というようにした方が適しているといえるようです。

【リスニングしながら眠りにつこう】

196
英語を習得するためには無理なく継続していくことも大切です。
無理なく行う方法としておすすめなのが「英語をリスニングしながら眠りにつく」という学習方法です。

やり方はいたってシンプルです。
英文を聞きながらゆっくりと目を閉じ、15分ほどリスニングをしたらそのまま眠りにつきましょう。
先ほど紹介したように、眠る直前に覚えておきたいことをリスニングすることで、眠っている間に記憶を整理しやすくなります。
この方法なら十分な学習時間を確保できない方でも、無理なく継続していくことができるのではないでしょうか。

「それなら寝る15分前に机で学習してもいいのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、寝床についてすぐに眠りにつける人はあまりいないと思います。
今回の方法は「眠る直前に学習する」という部分がポイントとなるので、横になって目をつぶった状態でリスニングする方法が一番効果的であるといえるのです。

【リスニングに使用するものはなんでもOK】

リスニングに使用するのは教材のCDでももちろんOKですが、今は無料でさまざまな英文を聴くことができます。
スマートフォンのアプリにもリスニングに使えるものがたくさんあります。

難しい発音やなかなか覚えられない文法など、自分の苦手なジャンルのものを選び、集中的にリスニングするのも良いでしょう。
繰り返し同じ英文をリスニングするのも良いですし、毎日違う英文をリスニングしても効果的です。

リスニングの内容は自分が習得したいものに合わせて選ぶことが大切です。
自分の学習ペースやレベルに合ったものを選び、効果的に睡眠学習に取り入れるようにしていきましょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です