マンツーマンだからこそ身に付く! フィリピンの英語学習法

a

最近、格安で海外留学ができる先としてフィリピンに熱い視線が注がれています。
特に、フィリピン留学では、生徒1人に対して講師が1人のマンツーマンレッスンが主流です。

他の英語圏へ留学するよりも確実に身につく、マンツーマンレッスンが特徴のフィリピンの英語学習法について
お話しましょう。

アウトプット学習に重点をおく、フィリピンの英語学習

11
ネイティブスピーカーとマンツーマンで、アウトプット中心の学習を日本で行おうとすると相当の費用と時間を覚悟しなければ
なりません。

一方でフィリピン留学での英語学習は、マンツーマンレッスンを安価に短期間で集中的にアウトプットレッスンを実現できるのが最大の魅力です。

例えば、発音矯正。
自分では正しく発音できているつもりでも、相手に中々通じなかったり、何度も聞き返されるという経験は多いのではない
でしょうか。
ですが、相手が発音の間違いを指摘してくれることはあまりありませんね。

フィリピンでの英語学習では、発音矯正のレッスンもマンツーマンで行われます。
留学中のカリキュラムを柔軟に変更できるのも、マンツーマンレッスンで生徒一人一人を見ることができるフィリピン留学の
大きな魅力です。

もちろん短期間で正しく矯正できるほど簡単ではありませんが、3時間ほどで発音でつまずきやすい「s」と「sh」の違いを
理解できるようになった例もあります。

マンツーマンでスピーキング

12
フィリピン留学の最大の特徴はマンツーマンレッスン。
講師と1対1で「英語を話す」環境を作ることで、スピーキングのスキルは確実に伸びていきます。
相手の教師も「日本人は英語は話せない」のは既に承知の上。始めの内は文法は滅茶苦茶でもいいのです。

間違いや失敗を恐れずに、どんどん声に出して話すことが重要。
フィリピンのスピーキングレッスンは、とにかく話すこと。

もし、「外国人と1対1で話すのは緊張する」と感じるなら、留学前にインターネットのオンライン英会話などを軽く体験してみると、より学習効果が高まります。

マンツーマンでライティング

13
「英語ができること」=「ペラペラ話せる」こういったイメージはありませんか?
実際のビジネスシーンでは、英語での主なコミュニケーションは「文章」が中心となっています。

電子メールでのやりとりが圧倒的に多くなっているのです。
英会話などのスピーキングのトレーニングは受けてきたものの、英語で文章を書く「ライティング」のトレーニングを受けたことがある日本人はほとんどいない筈です。

これは、英語に限らず日本人の勉強は「テスト対策が中心」で、しかもテストも選択肢から選ぶマークシート方式が
多くあります。
そのため「外国語でイチから文章を作る」ことに不慣れなのです。

フィリピン留学でのマンツーマンレッスンには、もちろんこのライティングも含まれています。
ビジネスレターや電子メールでも「お決まりの表現」「より丁重な表現」といった一般常識があるのですが、これらは座学ではなく実践で学ぶしかありません。
発音矯正と同じく、ネイティブの講師に逐一文章を矯正してもらうのがもっとも効率的です。

例えば「好きなテーマで500ワードでエッセイを書いてみてください」といった課題に取り組むことも留学中あると思いますが、その添削は常にマンツーマンで講師がついていてくれます。
フィリピン留学でライティングはもちろん、英語学習に取り組むことは有意義かつ、大きな成果を期待できるのです。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です