本物の英語はアジアで学べる!? 「フィリピン留学」のメリット

01

最近の留学事情において特徴的なのが、「フィリピン留学」の人気が高まっていること。
しかし、フィリピンは東南アジアに位置し、セブ島などバカンスの色が強い国です。

およそ英語の勉強に適した環境だと思えない、とお考えの方も多いことでしょう。
なぜ英語の本場であるイギリスやアメリカではなく、フィリピンを選ぶのでしょうか?

今回はフィリピン留学のメリットをご紹介していきます。

英語人口が世界第3位

02
フィリピンにおいて、母国語はフィリピノ語(タガログ語)と呼ばれる言語です。
他にも民族によって言語が異なり、その数は80前後にも上ります。

ますます英語と関係なさそうに思えますが、フィリピンの第二公用語として英語が採用されていて、英語人口はなんと
世界第3位。
母国語であるフィリピノ語よりも英語を使う人が多くいます。

また、フィリピンで学べる英語は流麗な発音で、
北米の発音とよく似ているのも特徴の1つ。
もちろんネイティブと比べると若干の訛りがありますが、
他国と比べると非常に軽微です。

本場と遜色ない美しい英語を学ぶことができますし、
現地から聞こえてくる声も良いお手本となります。
本場で学ぶのにも引けを取らないほど環境が整っているのはメリットの1つだと言えるでしょう。

費用が安い

03
留学をする上でどうしても気になるのは費用の問題。
学費の問題はもちろん、宿泊費、食費、航空券のことも考えなければなりません。
費用の面を第一に考えると、イギリスやアメリカなどと比べると非常に安上がりです。
イギリス留学を考える場合、1カ月の費用として平均で50万は用意しておく必要があります。

しかし、フィリピン留学では1カ月の平均費用は15万程度。
まずフィリピンは日本から近いのがメリットとして挙げられます。
イギリスの場合、渡航時期にもよりますが、航空券だけで10~20万は必要です。

一方のフィリピンでは往復で10万以内に抑えられます。
格安航空券ならば5万前後で探すことも不可能ではありません。

また、物価に関してイギリス・アメリカは日本と大差ありませんが、フィリピンの物価は格安で、日本の約1/5程度。
生活費の負担も他国に留学する場合と比べて軽く済ませることができます。

マンツーマン授業

フィリピンではマンツーマン制度を採用している学校が豊富です。
もちろん語学学校でもマンツーマン授業を設けています。
一般的な留学では1対多数型の、日本と変わらない授業風景が展開されていますが、これでは分からない部分が解決しないまま授業が進んでしまう可能性が高いです。

せっかくの留学もこれでは効果が薄く、自分の成長を感じられず日本に戻ることになるかもしれません。
分からない部分は理解するまで教えてもらえるマンツーマン制度は大きなメリットです。
1対1のやりとりで英語を話す機会も必然的に増えるので、英語に慣れていない日本人にとって最適な授業スタイルだと言えます。

もちろん、フィリピン留学にはデメリットがないわけではありません。
留学の目的によってはフィリピン留学が適切ではない方もいることでしょう。
それでも、「本気で英語を習得したい」という意志がある方はフィリピン留学という選択肢も考慮してみてはいかがでしょうか?

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です