留学前に確認!知っておきたいフィリピン・ペソのこと

222

留学先はたくさんありますが、フィリピンは日本からも近く時差も少ないことが魅力です。
また、アジアの中でも英語を共通語として使用しており、語学留学にも適しています。
お金の価値は国によって違い、現地に行く前に少しだけ学んでおいてはいかがでしょうか。

フィリピン・ペソの種類は?

フィリピンの通貨単位はフィリピン・ペソ(P)とセンタボ(¢)となります。
紙幣はP1000、P500、P200、P100、P50、P20、P10、P5の8種類ありますが、P100やP10、P5はあまり見かけません。
硬貨はP10、P5、P1、¢25、¢10、¢5の6種類で、100センタボで1ペソとなります。

フィリピンの物価

223
フィリピンは日本に比べるとお金の価値が大きく違います。
1000ペソは日本円にして2500円ほどですが、日本の物価に合わせると金額に0をひとつつけた金額が目安となるようです。

たとえば1000ペソなら日本では10000円ほどの価値があるというわけです。
日本の感覚だと、1000ペソはたった2500円くらいと思ってしまいますが、フィリピンでは一番大きな金額のお札ですから、その価値がわかると思います。
フィリピンでは時給がおよそ50ペソほどですから、1000ペソを稼ぐには3日ほど働かなければならない、という計算になります。

便利なお金・不便なお金

フィリピンでは細かいお金の方が便利です。
大きくてもP500、それより細かいほうが使い勝手はいいでしょう。
マニラなど比較的大きな町でも、P1000で買い物をしようとするとイヤな顔をされることも珍しくありません。

地方などでは特にそういった態度をとられることが多いですが、マニラなどの都市部でも小さなお店では「もっと細かいお金で払ってよ」と言われることが多いようです。
金額が小さいものを買うならその価格にあった紙幣や硬貨で支払いましょう。

両替はどこですればいい?

日本円からフィリピン・ペソに両替を行える場所はいくつかあります。
現地についてからすぐに両替をしたいということなら、空港内の銀行でも可能です。

そのほかにはホテルや両替所、市内の銀行などでも両替ができます。
レートが気になる、という場合は両替所で行うことをおすすめします。

また、ホテルはレートが悪いので、面倒でも銀行や両替所に行ったほうがいいでしょう。
マニラ近郊に滞在する場合は問題ありませんが、マニラから少し移動し地方に行く場合は、マニラやセブなど大きな都市で両替を済ませておくと後で困ることがないでしょう。

今回は、現地に行く前に知っておきたいフィリピン・ペソについてご紹介しました。
留学をする時に困らないためにも、ご紹介したことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です