バギオで最も人気な語学学校「PINES Baguio」とは

164

フィリピン共和国はアメリカの統治を受けていたため、英語が共通言語です。日本から最も近い英語圏の国ということもあり、100を超える数の語学学校が存在しています。
フィリピンの首都マニラから北に250キロのところにある夏の首都と呼ばれているバギオという都市があります。
そこは人口約23万人でありながらそのうち約10万人が学生という学生都市で、学生の密度としては世界一です。
なかでも、その画期的な教育システムからPINES Baguioという語学学校は高い人気を誇っています。
今回はそんなバギオで人気の語学学校PINES Baguioを紹介します。

画期的な教育システム

2001年に開校したPINES Baguioではフィリピンで初めて短期間での英語力の向上を目指したインテンシブシステムを採用した学校です。その高い実績から、現在約30の語学学校がPINES Baguioをモデルとした教育システムを実施しています。
さらに、受講者のレベル、目標に合わせたカリキュラムがはっきり分かれているため、受講者は常にはっきりとした目的意識を持ち続けることが出来るのです。

講師のレベルの高さ

PINES Baguioでは「講師の実力が平均的に高い水準であれば、受講者の英語力はより向上する」という考えから、講師を採用する際に一般的な語学学校と違った採用過程があります。面接と試験のほかに講師になるための教育を受けさせて、最後の最終試験に合格しないと採用されません。
また、4週に1回講師の評価をしています。学生の評価が40パーセント、遅刻/出席の評価が60パーセントで構成された評価で、100点万点中93点以下の評価を受けると警告が出され、3回警告を受けた講師はどんなに優秀な講師でもクビになってしまいます。そのなかで、80パーセントの講師が1年間以上勤務している講師たちです。

つまり、1年間、計12回の講師評価で生き残った非常に優秀な講師が在籍しているということになります。

施設の設備とサポート体制

PINES Baguioは平日の外出は許されていませんが、施設の中にはフィリピンの最大手スーパーの一つであるピュアゴールドがあり、軽食コーナーも存在します。
他にもいくつかの飲食店が存在して、中には夜2時まで営業しているお店もあるので夜食にも困ることはありません。他にも夜中の12時までインターネットが使えたり、スポーツジムも存在するので息抜きをするには十分な施設といえるでしょう。165

以上のことから、PINES Baguioは画期的な教育システムや講師たちのレベルの高さ、充実した設備などによって培われた実績が、数ある語学学校の中で高い人気を誇っている理由といえます。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です