留学前の準備段階 英語勉強の基礎

23

フィリピンへ英語を学びに語学留学する前に、改めて英語を学ぶことは有用です。
もちろん、目的や現在の英語力によって英語の学習方法は変わります。

しかし、現地に到着してから誰もが経験する英語での自己紹介、講師の授業を聴いて理解するための最低限のリスニング能力、そして何より会話をするのに必要な引き出しを増やすための英単語などは、留学の前に少しでも学習しておきたいもの。

事前にある程度の学習があれば、現地での他国生徒との交流の楽しさや授業の内容をより深く理解することで日々の留学生活が豊かになります。
ここでは、リスニング、単語、会話の練習に絞って留学までにできる語学勉強法を見ていきましょう。

留学前のリスニング学習法

24
普段から英語に触れている機会が少ない方は、英語を聞く時間を作りましょう。
フィリピン留学での授業は全て英語で行われます。
もし、リスニング能力が極端に低いままだと、授業内容や解説を理解するまで相当な時間が掛かってしまうのです。
これはもったいないですね。

そこで、無料で配信されている海外ドラマや映画を視聴して、そこで話される英語に集中して耳を傾けてみましょう。
ストーリーを楽しみつつ、何度も同じものを見ているうちに英語が耳に慣れてくる筈です。
最近では様々なリスニング教材も安価で出回っていますので、出国段階までリスニングを続けてみてください。

留学前の英単語

25
英語のリスニングが進み、耳に慣れてきても単語を知らなければ文章を理解するのは難しく、苦痛を伴うのが普通です。
一般に英語を母国語としている人々が知っている英単語の数はおおよそ30,000単語と言われています。

ところが、実際に会話で使用している単語数は10,000単語程度。
さらに、簡単な日常会話にまで絞ると2,000~3,000単語と言われているのです。

私達が中学・高等学校で学ぶ単語数が3,000~4,000単語程度なので、ほとんどの人が日常生活に必要な英単語を既に
一度は学習していることになります。
語学はとくに基礎が肝心です。
まずは、簡単な英単語を復習するところから始めるのが良いですね。

留学前の英会話

26

多くの留学生にとって、留学の一番の目的は英語を「話せるようになること(スピーキング)」だと思います。
また、フィリピンへ語学留学をして一番引き出し伸ばすことができる能力も、スピーキングであり、多くの学校がこの分野に重きを置いているのです。

しかしながら、英会話でのやり取りや、文章をアウトプットしてきた経験が少ない日本人にとって、スピーキングはもっとも不慣れな分野と言えます。
英語試験でリーディングやリスニングが得意でも、英語を話せない人は決して少なくありません。

フィリピン留学後のマンツーマン授業に慣れておくためにも、ライティング教材や事前に英会話塾などを活用しアウトプット作業へのアレルギーを減らしておくと留学後の生活に大きく貢献すること間違いなし。

まずは、シンプルな自己紹介を考えてみてください。
徐々に慣れてきたら、友達同士でオンライン通話ソフトを用いた英会話をやってみるのも良い試みになります。

英語でも他の言語でもそうですが、大事なのは基礎の繰り返しです。
リスニング、単語、会話この三つの要素を確りと押さえて留学を前に万全の状態で望めると良いですね。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です