日本人がつまずく英語の発音と克服法

231

日本人は英語のレベルが低いと言われがちです。
その理由として、単に英語の読み書き能力が低いというだけでなく英語の「発音」の悪さも込められているようです。
日本人がなぜ英語の発音につまずく原因と、その克服法をご紹介していきます。

日本人がつまずく発音

LとR
よく日本人が発音できていないと言われているのがLとRの違いです。
たとえばload(ロード)とroad(ラゥド)。日本人の場合、両方とも「ロード」になってしまう方が多いです。

SとSH
SとSHも同様でたとえばshe(シー)とsea(シィー)。
こちらも日本人の場合同様に「シー」となってしまっています。

発音なしの単語
THのように発音なしの単語もつまずきやすいです。
たとえば「something」のTHは本来巻き舌で発音のないような言葉になりますが、日本人の場合THの部分が強調されサム「シ」ングとなってしまうことが多いです。

カタカナ読みの名残
たとえば、「angel(エインジェル)」を「エンジェル」、「sample(セエンプル)」を「サンプル」として発音してしまったり、カタカナ読みの名残が強調されてしまっているケースも多いです。

日本人が発音につまずく原因

232]日本人が発音につまずく初歩的な原因として挙げられるのは、正しい発音が十分かっていないということです。
特にカタカナ読みが普及している英単語になると、日本で使われている発音が正しいと判断し、間違いにそもそも気づけていないことが多くなります。

また根本的な原因となるのが、口の筋肉の動きです。
日本語と英語では発音時の筋肉の使い方が異なり、無意識にそれに合った筋肉の使い方になってしまっています。
このため、発音自体は分かっていてもそれに合わせて筋肉を上手く動かせず、狙ったとおりの発音が出ないことがあります。

発音を克服するには

英語の発音を克服するには、生の英語を聞くことが大切です。
英語の発音というのは教科書を読んでいるだけでは分かりません。

そのため、留学をしたり英会話教室などに通ったり、海外の方の生の英語を聞いていくことが大切になります。
洋画を見たり、洋楽やリスニング教材を聴いたりするのも1つの手でしょう。まずは生の英語、生の発音を沢山聞き、どういった発音が正しいのか間違っているのかをしっかりと理解する必要があります。

また、聞くだけでなく実際に話すことも大切です。
英会話をしてみたり、映画などのセリフを真似してみたり、実際にしゃべり発音することを積み重ねていきます。
そうすることで、自然と筋肉がそれに合った動きに修正されていき徐々に狙った発音が出せるようになっていきます。

このように、日本人にとって英語の読み書きだけでなく発音の部分も大きな壁となっています。
発音を克服するためには、やはり日々英語に触れ、繰り返し聞く、話すことを実践していくことが大きなポイントとなってきます。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です