Psssssst

19

プスー、プスー。
チュー、チュー。

すきま風でも、ネズミの鳴き声でも、飴をなめている音でもありません。

これ、フィリピンで人を呼ぶ時(自分を見て欲しい、注意を向けて欲しい、こちらに来て欲しい時など)に使う音なんです。

(プ)スー(プ)スーは歯の間から息を出しながら音を出し、チューチューは唇をすぼめて空気を吸いながら音を出します。

(Psssstの音はこちら。)
https://www.youtube.com/watch?v=Iirm-eNIFmA

道端で誰かを呼び止める時、ジプニーで降りたいと知らせる時、レストランでウェイターを呼ぶ時(ただし、ローカルレストランで。中級~高級レストランでやるとちょっと失礼ですし、顰蹙買います。)、相手に自分の方を向かせたい時、子供や目下の人たちが悪ふざけしている時などに「やめなさい!」といさめる時などなど、色んな用途で使われています。

フィリピンの人はこの音には大変敏感(?)なので、道端でチュチュー、(プ)スー、(プ)スーとすると、大勢の人がいっぺんに振り向いてしまう事、間違いありません。

1

( 「You know you’re Filipino if…」というフィリピン人についての紹介本の表紙

https://www.amazon.com/You-Know-Youre-Filipino-If/dp/9716300816/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1486605839&sr=1-2&keywords=You+Know+You%27re+Filipino+If…

これをするだけで、大きな声を出さずに手軽に人を呼べるので、大変便利というか、何と言うか。

最初は、音で人を呼ぶなんて・・・とちょっと思ったものですが、そういう慣習ですし、大変便利という事を日々実感しています。

ただし、基本的に自分より目下か同等の人に使うもので、上司や目上の人に使うのは大変失礼に当たるようです。

フィリピンの友達に、

「上司に使ったらどうなる?」

と聞いた所、速攻、

「首だね。」

だそうです。

人と状況を見ながら使わないといけないですね。

(実際には、フィリピンは従業員を簡単には首に出来ませんが、それくらい失礼に当たる、ということです。)

日常でよく聞く音ですので、注意していると本当に多く使われている事に気付くでしょう。

そして、この音を耳にして、反射的に振り返ってしまったら、あなたはもう、半フィリピン人と言っても過言ではないでしょう。笑 

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です