お客様から聞いた、フィリピン留学に行く理由。

reason

時がたつのは早いですね~。
これまでに約5年間、沢山の方々とフィリピン留学についてのお話をしてきました。
そこで聞いた理由の紹介と、ちょこっとアドバイスを加えてお話しようと思います。

理由1、進学や昇進、転職、ワーキングホリデーの為に必要になるTOEIC、TOEFL、IELTSのスコアアップ

>この場合、スコアアップだけを目指す方と、その他にスピーキングも伸ばしたい、フィリピンも楽しみたい。など等ありますが、3ヶ月以上の期間をフィリピン留学に検討の方は、スピーキングコース4週間とTOEICコース12週間など組み合わせたり、、、
学校によっては平日外出禁止のスパルタコースと平日の外出も可能なセミスパルタコースがあるところもあるので、お好みの期間で分けても良いと思います。

理由2、有給、転職の合間、子離れなどで自由な時間が出来た

>3週間未満の短期でなるべく多くの授業を受けたいという場合には、月曜日から少しでも授業が受けられるコースや制度を持つ学校が良いと思います。
例えば、セブにあるIDEA CEBUIDEA Academiaは1,2週間の方に月曜日のレベルチェックテストとオリエンテーションを短時間にし、2コマのマンツーマンが受講可能です。
Targetも1,2週間の方に、月曜初日午後から受講可能です。(最大4コマ+ナイトクラス2コマ)

最近は、安定期に入った妊娠中の方からも問い合わせを頂くことがあります。
学びの意欲を尊重したいのですが、慣れない土地で、健康な人でも体調を崩し入院になることもある、または食事や設備も妊娠中の方を想定したものではないので、などがあり、受け入れは出来かねます。
是非お子様が大きくなってから親子留学を検討してくださいね♪

理由3、日本の花粉の季節や冬の寒い時期を避けたい

>フリーランスの方や、定年退職後の方などの、ある程度自分で自由に時期を決められる方が殆どですが、これは良い案だと思います! 普段フィリピンに滞在しているスタッフでも花粉の時期に日本に行きたくないと言ってます(笑)

フィリピンの雨季は6月〜10月くらいで、スコールが多くなります。
バギオは標高の高い地域なので、雨季は雨が続き、湿気が増えます。
日本と雨の降り方が違い、バギオ以外は、1日中降ることはあまりないので気にしなくても良いと思います。

理由4、旅行やバックパックをしていて、もっと英語でコミュニケーションをとりたいと思った

>海外に行ったことがある方は殆どの方が一度はそう思うけど、帰国して暫くするとそんな思いも徐々に薄れてますよね ^^;? 求めているのは主にスピーキング力や各場面での伝え方だと思います。また予算や目標、性格にもよると思いますが、安くて義務自習などの規則が無いところを希望する方が多いです。
安いとなると比例して施設が古いので、(掃除はしていても)経年劣化により、やや清潔感が無く見えます。それが大丈夫であれば、例えばバコロドにあるEROOM、イロイロにあるWe Academyはマンツーマンが多くコースでもお財布に優しい料金です。
このような学校の場合、wi-fi環境もあまり良くないので、wi-fi必須な方は自分で持っていくか、他の学校にすることをオススメします!
フィリピンに専用のwi-fiを持っていっても残念ながら弱いこともあるので検討してみてくださいね。

理由5、子供の将来や、海外移住を考えて英語環境に慣れたい

>親子留学でお子様の受け入れ年齢は小学校1年生くらいです。理由としては授業提供が前提なので椅子に座って授業を受けられる年齢ということです。
学校によっては、小学校入学前でもそれが出来れば可能だったり、3~5歳くらいの場合、キッズルームで遊びながら過ごすクラスの提供をしてしているところもあります。
例えば、小学生くらいからのところは、Cebu Blue OceanIDEA CEBUなど、3、4歳くらいからの受け入れも可能な学校はHowdy、4歳からはFirst Englishです。
学校によってプールがある、食事が美味しいなど特徴があるので検討してみてください。

皆さん色々な理由がありますね。何事も経験は大事。

学校選びの参考になればと思います。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験