【原因は“音”の違い?】英語が聞き取りにくい理由

103

リーディングとか文法に関しては自信があってもリスニングになると全くダメという方は意外と多いのではないでしょうか。
「リスニング問題をしても全く聞き取れず、スクリプトを見ると結構簡単な文だった」ということが多々あります。
結論からいうとそれは、単語一つ一つの音を間違って覚えているからです。

英語の音が聞き分けられない理由

104
赤ちゃんの時はどんな音も聞き取ることができますが、大きくなるにつれて必要ない音(日本語にはない音)の聞き取りができなくなります。

日本人は日本語が何不自由なく使えるようになってから英語の勉強を始める方が多いです。
その時、英語にあって日本語にない音は、日本語で一番近い音に変換されます。

たとえばboil(ゆでる)は、みなさん「ボイル」読むでしょうが、この時の「ボ」の「o」の音は日本語の「お」ではなくて「ɔ」(口を大きく開いて「お」という感じの音)の音になります。
もともとの単語の発音の元になっている、母音や子音の音がわかっていないと自分自身が発音できないですし、聞き取ることもできません。

日本語を習いたての韓国人が「どうぞ」を「どうじょ」といっているのを聞いたことがある人はいませんか?
韓国語では「ざ、じ、ず、ぜ、ぞ」の音がないそうです。
だからそれに近い「じゃ、じゅ、じょ」の音が使われています。
外国語を学ぶ時に発音を間違えるのは当たり前のことで、決して日本人に英語が合わないというわけではありません。

ディクテーションの前に行いたいこと

リスニング力を高めるためには、ディクテーションを行うのが良いと言われています。
ディクテーションとはスクリプトを見ずに、音声だけを頼りに英語を書き取る勉強法のこと。
確かに効果の高い勉強法ですが、音の違いに四苦八苦している状態でのディクテーションは早すぎます。

まずは母音と子音の音を知ること。
そして自分自身も発音してみることから始めていきましょう。

105
各母音、子音の正しい発音や口の開け方などを学んでください。
ネイティブの口元をよく観察して真似てみるだけでも効果に期待できます。
次に単語に移行しましょう。
最近の単語帳は各単語の音源が入っているCDがついているものがたくさんありますし、各単語に発音記号が付いていますのでよく確認してください。

発音記号や単語そのものを見ながら発音してCDの音を聞きます。
自分の発音をCDの発音に近づけていきましょう。
もちろんこの時単語の意味も復習できるので一石二鳥です。
「読む」「聞く」「話す」の練習をまとめてすることで英単語のリスニング、スピーキング、そしてリーディングのレベルをまとめてあげることができます。

いきなりディクテーションから始めると難しすぎてモチベーションが保てなくなるかもしれません。
基本を身に着けることが先決です。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です