私がフィリピン留学を決めたきっかけ

blog1

先日フィリピン留学のカウンセリングをしていた際に
親子でお見えになったお客様から「なぜフィリピン留学に行こうと思ったんですか?」という質問を受けました。

私自身フィリピンに留学経験があり、大学3年生の時に約3か月間、フィリピンのバコロドという島で過ごしました。
そこで過ごした時間は大変濃いもので今でも鮮明に覚えています。

そもそも私がフィリピン留学を決意したきっかけとなったのは、
大学1年生の時に参加したオーストラリアでの短期留学でした。

ブリスベンにある語学学校で勉強をし、ホームステイ先のご家族のもとで3週間過ごしました。

語学学校での入学初日、レベル分けテストを終えて授業がスタート。
1限目からディスカッションのようなスタイルの授業だったのですが、自己紹介のみをして
一言も発することなく授業が終わっていきました。
そのことがとても悔しく、次の授業はもっと話そうと意気込んで参加をしたのですが、
結局話題にうまく入れず、ただニコニコしているだけで終わってしまいました。
その後も自分の言いたいことを紙には書くのですがそれを発言できず、授業が終わってしまうなんてことが
何度かありました。

私が想像していた短期留学とははるかに違っていて授業に参加というよりも
ただ参観しているような感覚になっていました。

その後は、日本人の友人とばかり外出をし、
ホームステイ先の方々ともあまりコミュニケ―ションを取ることもなく
私の短期留学はあっという間に終わってしまいました。
なんとなく悔しい気持ちを残したまま日本へ帰国し、
留学後は特に英語に触れる機会もなく、留学についてしばらく考えることもなかったのですが、
その1年後に友人からフィリピン留学の話を聞きました。

オーストラリアの短期留学でできてしまった英語を話すことへの恐怖心を払拭したい、
もう一度楽しく英語を勉強してみたいという思いから私はフィリピン留学に行くことを決めました。

はじめての英語でのマンツーマン授業は先生によって教えるスタイルなどが異なり、
生徒のレベルや性格を見ながら、講師が勉強しやすい雰囲気を作ってくれたので
すぐになじむことができました。
また授業後には、時々フィリピン人講師たちと食事に出かけたりベンチに座って話したりもして、
英語を生活の一部とし、大変楽しく有意義な時間を送ることができました。

その後、一人で海外旅行へもよく行くようになり、ヨーロッパ2週間一人旅なんてことにも
挑戦してみました。

はじめは英語に対して消極的だった私ですが、フィリピン留学が与えてくれた影響は
とても大きかったと思います。

留学では勉強を完結させるのではなく、勉強を継続するきっかけとなるものだと私は思うので
そのきっかけとして、フィリピン留学とても濃い体験が出来た場所でした。

カウンセリングにいらっしゃるお客様は英語を勉強する様々な目的、目標をお持ちでいらっしゃいますが、
英語学習の1ステップとしてフィリピン留学は大変おすすめです。
またその目的に合わせたカリキュラムを提供してくれる学校が多くあります。

迷われている方は一度カウンセリングだけでもお越しいただけますと幸いでございます^^

以上、今回は私がフィリピン留学をきめたきっかけについてお話しさせていただきました!
ありがとうございます^^

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です