フィリピンで就職するために必要な英語力とは

198

フィリピンの現地語は「タガログ語」ですが、小学校から大学まで国語(タガログ語)以外の授業はすべて英語で行われるため多くの人が英語を話します。

特にホワイトカラーと言われるスーツにネクタイ、ワイシャツを着て事務所で働くような人は非常に英語が堪能です。
フィリピンで働くためには一定レベルの英語力が必要となります。

フィリピンでの就職は人気が高まっている

英語圏ではない日本や韓国といった国々から、セブに語学留学に来る人も増えています。
そのためもあってか、今ではフィリピンは日本の若い人の間でも留学先として知名度が上がっています。

日本人に人気のフィリピンで働こうと考えている方も増えてきていますが、フィリピンで働くためにはどのレベルの英語力が必要となってくるのでしょうか。
採用する立場から求められる英語力について見てみましょう。

「英語」の必要性

どこの企業で働くかによって、求められる英語レベルが変わるのは当然です。
世界展開をする外資系の企業では、当然高いレベルの英語力が求められます。
本国である米国などに報告したり、上司が米国にいる場合はネイティブと同じぐらいの英語力がないと仕事になりません。

フィリピンの企業に就職する場合は、ネイティブ程の英語力は求められません。
ただし、上司や同僚、それに取引先と会話をする必要がありますので、こちらもやはり日常会話レベル以上の英語力は必要です。
さらに即戦力となるほどの実績や経験があると就職に有利になるでしょう。

英語が苦手な人はどうすれば良いの?

199
英語力にそこまで自信がないという方はフィリピンで就職できないのでしょうか。

フィリピンは経済成長が著しく、日系企業も多く進出しています。
このような企業では、上司や取引先は日本人のことも多く、同僚だけがフィリピン人いうことも多いです。
そのため、同僚とコミュニケーションが取れるレベルの英語力を身につけておけば、就職できる可能性は十分にあります。

同僚とコミュニケーションが取れる英語力があるかは、面接時に確認されます。
英語での質問にうまく答えられる、つまり会話のキャッチボールができるかどうかという点を重視されるので対策しておきましょう。

質問といっても日本で面接を受けるときと同じように
「これまでどんな仕事をしてきたのか」
「なぜフィリピンで就職したいのか」
「仕事に活かせる自分のスキルは何か」
「自分の長所を3つの形容詞で表すと」
といったような質問をされることが多いです。

理想は質問に対してスムーズに答えられるレベルの英語力を身に着けておくことですが、英語が苦手な人だと難しいかもしれません。
あらかじめ質問に対する答えを英語で自分なりに用意しておくといいでしょう。

シンガポールや香港といった国と異なり、フィリピンで就職するためにはそこまで高い英語力は求められていません。
フィリピンで就職し、仕事の経験と英語力を働きながら身に着けることもできます。
何にせよ、まずは動き出すことから。
フィリピンでの就職を目指して英語を学んだり、現地に赴いたり、対策を練ったりなどから始めていきましょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です