経営者によって違う! フィリピンの語学学校の選び方

c

フィリピンには、選ぶのに苦労するほど多くの語学学校があり、日本からの留学生も年々増えています。
フィリピンの語学学校には、それぞれ特徴があり、設備や環境などで選ぶのもひとつの方法です。
では、語学学校の方針とは、どのように変わってくるのでしょうか?

日系語学学校の特徴

日本人が経営する語学学校は、スタッフや学生などの9割以上が日本人です。

そのため、いざというときには日本語で会話をすることができます。
比較的小規模でアットホームな学校が多いので、海外生活であってもストレスが掛かりにくいです。
また、50代以上のシニア学生や、海外留学が初めてという学生も多いため、安心感が得られるでしょう。

しかし、ついつい日本語での会話が多くなり、語学を身につけ異文化交流をするには物足りない環境になるかもしれません。
また、留学費が少し高くついてしまう場合もあります。

韓国人が経営する語学学校の特徴

韓国人経営の語学学校の場合、韓国人との交流も生まれ、異文化を知る機会が増えるというメリットがあります。
日本人スタッフが全くいない学校もあり、語学の学習を通して外国人の友人を増やすことにもなるでしょう。

また、比較的留学費を安くおさえることができるのも魅力のひとつです。
比較的大規模の学校が多く、TOEFL専門のコースなど、さまざまなカリキュラムが用意されているほか、ジムやプールまで併設されている場合もあります。

しかし、トラブルが発生した時には「言葉の壁に苦しむかもしれない」ということを覚悟しておいたほうがよいでしょう。
また、食事が辛い場合が多いので、辛いものが苦手な人は対策を考えておかなければなりません。

複数の資本がある語学学校の特徴

217
複数の資本が入っている語学学校というのもあります。
このタイプの学校には、さまざまな国籍の人が通っていることもあり、異文化交流が盛んです。
また、外国人スタッフに混ざり日本人スタッフもいるので、いざというときにも安心できます。
ただし、これらの学校にどの国籍の人がどれだけいるかというのは時期によって変わってしまうので、事前に確認をするとよいでしょう。

フィリピンの語学学校には、その環境などによってさまざまな特徴があります。
日本人の多い場所、外国人に囲まれた場所のどちらで英語を学ぶかは、それぞれのメリットやデメリットを自分に照らし合わせるとよいでしょう。
貴重な語学留学ですから、納得のいく学校選びをしたいものですね。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です