ケース別:英語の表現方法「残念」編

291

日本語のさまざまなシーンで使う「残念」という言葉。
しかし「残念だったね」という軽い言い方から「遺憾に思います」という言い回しまで「残念」という言葉は状況によってかなりニュアンスが変わってきます。これは、英語の場合も同様です。
ここでは、英語のさまざまな「残念」の表現方法を紹介します。

「It’s a shame」「That’s a shame」

「残念だ」「残念です」という時によく使われる言い回しです。
「shame」には「残念」だけでなく「恥ずかしい」という意味もありますが、この場合には「残念」という意味合いで使います。
「とても残念!」と強調する場合には「What a shame!」とすると良いでしょう。

「Too bad」「That’s too bad」

日常会話でよく使われる「それは残念だ」という意味合いの言い回しです。
「それはひどいね」というニュアンスの場合にも使うことができるので、会話に気軽に取り入れたい表現です。

「I’m afraid so」

「恐れる」、「怖がる」という意味のある「afraid」ですが、残念な気持ちの表現にも使います。
「残念ですが、そうです」といった表現は、ネイティブでもよく使われる言い方ですね。

「It’s sad」

直訳すると「それは悲しい」となりますね。
残念な気持ちだけでなく、後悔の気持ちを表現するときにも使います。

「I feel regret」「To my regret」

「後悔」という意味のある「regret」を使って残念な気持ちを表現します。
「後悔を感じる」という意味合いでの「残念です」というニュアンスになります。

「What a pity!」「What a bummer!」

「pity」は「哀れみ」や「同情」、「bummer」は「失望」や「いやなこと」という意味です。
「残念!」とか「お気の毒に」というニュアンスで軽めに使います。
また「がっかりだ!」といった雰囲気で使う場合もあります。

「Unfortunately」「Regrettably」

「残念ながら~」のように、接頭語として使うのならば「Unfortunately」が適切です。
「Regrettably」は「痛ましくも~」や「遺憾ですが~」というニュアンスの時に使います。
文章の初めにくる単語なので、その後ろに「何が残念か」を説明する言葉が必要になります。

「I’m disappointed with~」

292
「失意」や「失望」という意味の「disappointed」を使った慣用表現です。
接頭語として使うと「~にがっかりしました」「~に失望しました」という感じになります。
また「うんざりだ」といったニュアンスで使う場合もある表現です。

同じ「残念」でも、軽い気持ちを伝える場合と真剣な失意を伝える場合では、言い回しがかなり変わってきます。
状況に応じて言葉を使い分け、ときには身振りや表情も上手に使って、相手に気持ちを伝えたいものですね。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です