学習効率が3倍に!?「レバレッジ勉強法」とは

159

日本人は子供の頃から英語学習を義務付けられ、長期間英語の勉強を行います。
しかし、英語圏での生活や仕事に十分なほどの英語能力を身に着けられる割合は多くありません。
それには日本人の英語学習方法が大きく影響しているという説が有力でした。
現在は英語学習環境やカリキュラムの見直しが進み、様々な学習方法が考案されています。

かつて英語学習の基礎とされていた暗記よりも効率が3倍も良くなるという、レバレッジ学習法をご紹介しましょう。

レバレッジ学習法とは?

160
レバレッジ学習法とは、インターネットや投資の世界から産み落とされた学習方法です。

物理の「てこ(レバー)の原理」を思い浮かべていただくといいでしょう。
小さなエネルギーをてこの原理を利用して増幅し、より大きな物体を動かすのが物理における「てこの原理」です。

学習に掛ける労力を少しでも減らすことで学習を効率化しよう、というのがレバレッジ学習法における「てこの原理」であり、たとえば一つの単語や語彙を暗記するにしても、決まりきった例文の「見た目」を記憶するのではなく、「本質」を頭に入れて対応できる範囲を広げるように学習して行く事になります。

従来の丸暗記型学習法では例文から離れた語順や単語の並びになっているだけで意味が解らなくなってしまいますが、レバレッジ学習法ならば「見た目」に惑わされずに表現の本質を読み取れるでしょう。

レバレッジ勉強法のポイント

・最初に英語のルールの再確認
英語の基礎的なルールを改めて見返して、把握しなおすことをおすすめします。
それまでの英語学習法に何かしら問題があったと思われるようでしたらなおさら必要な下準備となるでしょう。

英語の「8つの品詞」名詞、助動詞、動詞、形容詞、副詞、接続詞、前置詞、間投詞のそれぞれを明確に理解し、あいまいな部分を残さないようにして下さい。
英語の「5つの文型」主語S、述語動詞V、目的語O、補語C、修飾語Mの5つの要素で構築される5つの文型それぞれを理解しなおしましょう。

あらゆる英文は5文型のいずれかに分類できます。「文型」は言うなれば英語の基本原理なのです。

・構文は論理的に理解する
ある構文の例文が紹介されていたとして、その分を丸ごと素直に覚えてしまうと全く同一のセンテンスしか理解できません。
しかし、論理的に構文の仕組みを理解すると、構文の意味だけでなく構成論理を理解できるため、他の文章にも運用できるのです。

その上、理解の方法として記憶した論理は単なる暗記より忘れにくく、記憶に残ります。
これが、レバレッジ学習法が学習効率3倍と言われる理由です。

効率を上げるとされる学習法は何もレバレッジ学習法だけではありません。
他にもさまざまな方法がありますので、まずはご自分のこれまでの英語学習方法を見直すことから英語力向上の筋道を探し始めることをおすすめします。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です