「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」受けるべき試験は目的により異なる

36

英語の試験には「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」などの種類がありますが、これらは目的によってどの試験を受けるべきか
理解しておく必要があります。
日本で就職する際に役立てたい、海外留学のために受けたい、など目的は人によってさまざまです。

ご自身の目的に沿った英語の試験を選べるように、きちんと違いを知っておきましょう。

TOEICの特徴は?

37
TOEICは、主に日常会話やビジネス英語が中心となったリスニングとリーディングの試験です。
ライティングやスピーキングの試験がないため、「テクニックで点が取れてしまう」という面もあります。

またTOEICはスコアで英語力が示されます。
一般企業が示す最低ラインは600点です。

また、商社や海外部門をもっている会社だと730点以上を求められていると言われています。
これらの点数を取ることで就職活動に活かせるため、受験生の大半が大学生なのも特徴の1つでしょう。

日本で働くことを希望するなら、1度は受けておきたい試験です。
しかし点数は2年間しか証明されないため、自身の英語力の証明として使いたい場合は継続的な受験が望ましいです。

アメリカやカナダに留学希望ならTOEFLがオススメ

38
TOEFLは世界的にメジャーな試験です。
特にアメリカやカナダなどに留学したい方は受けておくべき試験だと言えるでしょう。
なぜなら、留学時の授業についていける英語力があるか否かを判定する試験とも言われているからです。

TOEFLにはいくつか種類がありますが、現在日本で受けられるのはインターネット方式のTOEFL iBTです。
TOEFLの公式HPによりますと、アメリカやイギリス、オーストラリアやニュージーランド、カナダといった大学を始めとした130ヶ国9,000以上の機関が、英語能力の証明にテストスコアを利用している、との報告です。

TOEFLはリーデョングやリスニング、スピーキングやライティングの4つのセクションで試験が行われ120点満点中、何点かで
スコアが示されます。

希望する大学によって海外留学の際に必要となるスコアは異なり、例えばアメリカの主要な大学では70~110点前後が目安となるでしょう。
まずは自分が希望する大学が何点必要なのかを調べて、対策を練るようにしましょう。

近年注目されているIELTSとは?

39
IELTSは海外留学や海外移住の際、必要となる英語力を測る試験のための試験です。
留学に必要となる「Academic Module」、移住に必要となる「General Training Module」という2種類の試験があるのが特徴です。

IELTSは、世界135ヶ国で行われている試験で、 総合的な英語力を測ることができる試験として知られています。
特にイギリスやオーストラリア、ニュージーランドの大学や大学院では、IELTSのスコアを出願の基準にしているのです。
近年ではアメリカでもIELTSのスコアを入学基準として使用しているところも増えてきています。

IELTSの特徴は、リスニングなどで流れる音声にイギリス諸地域のアクセントやオーストラリアや南アフリカで使われている
英語、といったようにさまざまな英語で試験が作られている点です。
日本人はアメリカ英語で教育されている場合が多いので、イギリス英語に慣れるまでは戸惑いが多いでしょう。
ただし、英国圏への留学を希望する場合はIELTSを受けておくと安心です。

ただし、IELTSを受けるためには本人確認書類としてパスポートが必要になるので、事前に準備を忘れずにしておきましょう。

日本での就職を意識するならTOEIC、アメリカやカナダへの留学を希望しているならTOEFL、英国圏へ留学を希望するならIELTSといったことを理解しておきましょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です