最近の人気校まとめ

42

春休みシーズンの人気校まとめベスト3をご案内していきます!!

何をもって、人気校なのかをはっきりさせておきたいので、
入学希望者やお問合せが一番多いことを前提として、
以下③点をふまえて判断したものとする。

①希望通りのカリキュラムがあった
②国籍比率・学校規模が丁度よかった
③2カ国留学へのサポート体制があった

<ベスト1位>
BECI International Language Academy

エリア:バギオ
資本:韓国
定員:約300名
国籍比率:韓国人60%、日本人10%、ベトナム人20%、その他(台湾、タイ、中国)10%

<フィリピン随一のスパルタ校>
スパルタ校として有名なBeci International Language Academy。フィリピンの中でも治安がよく、気候も涼しく勉強に集中し易いエリアとして定評のあるバギオに位置する学校。
なんといっても、真面目な生徒が多いこと!放課後も自主学習に励む生徒が多く、本気で英語を勉強する目的の方にはオススメ!
コースも、一般英語コースからスパルタコース、そしてテスト対策も開講しており、TOEIC,IELTSについては点数保証コースも開講。

また、SPプログラム(Speaking Prescription)では、
①『入学テスト』
②SPテスト(週1回)
③ビデオの録画撮影
④ビデオレコーディング
⑤SP先生の評価
⑥SP先生の評価2
⑦SP結果のコンサルティング
⑧SP授業の進行

上記過程を、
インタビュー方式のテストで生徒のレベルによって質疑応答、写真描写、
主題説明など様々な方法のテストを行い全での過程を動画で撮影します。

撮影された動画をSP担当の専門講師が全てScript化してGrammar,Pronunciation,Fluencyの間違いなどをチェックし客観的な採点基準(発音、アクセント、イントネーション、語彙、内容の正確性、聞き手の理解度、文法、表現など)により9段階のレベルで判断します。

バリスタコースも開講しているので、2カ国目で特にオーストラリアへにワーホリに行く人には、有効なプログラムも実施しています。

>>>学校詳細ページはこちら

<ベスト2位>
IDEA ACADEMIA

エリア:セブ
資本:日本
定員:約250名
国籍比率:日本人50%、台湾人30%、その他(ベトナム、韓国、タイ、ロシア、中国)20%

<国際色豊かな日本資本の学校>
普通の日本資本の学校の場合、食事が日本食であったり、現地サポートスタッフの手厚いサービスと引き換えに、日本人比率が多くなりがちですが、IDEA ACADEMIAの場合は、手厚いサービスはそのままで、あえて日本人比率をセーブしています。安心して勉強に打ち込める環境を作りながら、留学の醍醐味の一つである国際交流もしっかり行って頂けるようになっています。
学校の雰囲気は明るく、活気に満ち溢れています。

一般英語コース、テスト対策、ビジネスコースはもちろんこと、
定期的に学校内で2カ国留学セミナーや海外就職セミナーを実施しています。
英語学習に加えて、学校を卒業してからの進路も同級生や学校スタッフと相談しながら決めることが出来る点が人気の理由です。

>>>学校詳細ページはこちら

<ベスト3位>
EV ACADEMY

エリア:セブ
資本:韓国・フランス
定員:約200名
国籍比率:韓国人60%、日本人20%、台湾人10%、その他(ベトナム、中国、ロシア)10%

<リゾート型スパルタ学院の先駆者>
スタディー&リゾートをテーマに、両立できる環境を提供している学院です。学院はセブ市内の中心地に位置しており、
学内はプールを始め、バスケットコートや、卓球台、ビリヤード台、シアタールーム、そしてトレーニングジムがあります。もちろん自由に利用することが出来、授業では、毎日実施される『プレゼンテーションクラス』は、人気があり、実践での力が鍛えられます。
また、毎日朝晩に行われる単語テストと文章テストでは日々語彙力をつけ、より深い内容のレベルで英語を話すことが出来るように徹底されています。

>>>学校詳細ページはこちら

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です