試験を受けずに大学に入れる? フィリピンの聴講生制度

253

フィリピンで英語留学をするための方法は、何も語学学校に通うことだけではありません。
実は最近フィリピン留学の1つの手段として、フィリピンの大学に「聴講生」として入学して授業を受ける方法が人気となっているのです。

そこで今回は、フィリピンの大学で設けられている「聴講生制度」の概要やメリットをご紹介していきたいと思います。

聴講生留学をするならセブがオススメ!

254
もしフィリピンにある大学の聴講生となって英語留学をするのであれば、セブ(セブ市)がオススメとなっています。

なぜかというと、セブはフィリピンでも有数の名門大学が集中している都市となっており、その中でも「最も総合力が高い大学」といわれているサンカルロス大学をはじめとして、多くの大学が聴講生制度を取り入れているからなのです。

セブには日本人はもちろんのこと、多くのフィリピン人以外の聴講生が住んでいるため、セブにある大学の聴講生になれば、同じ目的を持つ仲間も見つけやすいことでしょう。

フィリピンの大学の聴講生になるメリット

フィリピンの大学の聴講生になることには、以下のようなさまざまなメリットがあります。

・比較的簡単に入学できる
聴講生になるにあたって入学試験というものはなく、手続きに必要となる書類の手続きも正規の学生が入学する場合に比べて簡単となっています。

・落第や退学がない
聴講生制度は授業を受けてもらうことのみを目的とした制度であるため、試験を受ける必要がなく、また落第や退学にされてしまうこともありません。

・ライフスタイルに合わせて授業が受けられる
聴講生は出席や遅刻のチェックを受ける対象とはならないため、自分のライフスタイルに合わせて自由に授業を聴講することができます。
ただ授業の途中から参加するのはほかの生徒の迷惑となるので、節度を持って授業を受けるようにしましょう。

・生涯学習を望むことができる
聴講生には「進級」や「卒業」というものが存在しないため、本人が希望する限り無期限で授業を受け続けることができます。
また逆に授業に参加するのをやめたい場合は、任意で「休校」や「退校」を選ぶこともできます。

このようにフィリピンの大学の聴講生になる方法は、語学学校に通う方法と同じくオススメの留学方法となっています。
さらにこの2つの方法は同時に併用することも可能なので、フィリピンの語学学校に通いながら聴講生として大学にも通えば、英語の勉強をより一層効率良く進められることでしょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です