勝手にランキングBEST 3(フィリピン留学で学んだスラング編)

94

英語留学経験のある方であれば、一度は聞いたことのある『俗語』また『隠語』それがスラングである。数あるハリウッド映画の場面でも多く使用されているスラングですが、こことで私がフィリピン留学時代に聞いたことのある、また学習したスラングをご紹介いたします。

<BEST 1>
On the house(オン ザ ハウス)
直訳すると『無料』や『店のおごりよ』という意味になる。私が友人とレストランで夕食している時、たまたまその日が店のオーナーの誕生日で店の一角では盛大に誕生PARTYが行われており、その時にオーナーが『It’s on the house for next 1 hour』“これから1時間は何を頼んでも店のおごりよ。好きなもの飲んで”と店にいたお客に対してオーナーが羽振りよく、好きな飲み物が提供されました。
『It’s on me』と言い換えると“私のおごり”という意味になるので、使う時は注意しましょう(笑)

<BEST 2>
Phat(ファット)
意味:カッコいい、いかした。

ショッピングセンターで散歩していた時に、外車の展示会が同センターで行われており、人の群れを掻き分けて、展示されている外車を見て驚いたのがなんとランボルギーニの新車が展示されておりました。恐らく価格は4000万ぐらい。。。一般的市民には買える車ではないですが、そこに居合わせた白人の若者達は声を揃えて“that’s phat” (ザッツ ファット)「いかした車だね!」と言っていたのを覚えてます。
この単語は発音が非常に難しく、最後の“ト”を殆ど発音せずに“ファッ”というほうがネイティブに近い発音です。注意する点は太っているという意味のFat(ファット)と非常に発音が似ているので、違いが分かるまでは無暗に使用するのは控えましょう。

<BEST 3>
TBA(ティービーエー)
意味:未定、未発表

イベント会場などで日程や開始時間が未定の場合などに “ TBA ”と記載されることが多く、
正式には『 To Be Announced 』 決定次第お知らせしますという意味になる。留学先の語学学校でTOEIC試験などを定期的に開催していたとして、テスト会場の場所は日時などで正式に決定してない場合の案内でも“TBA”と記載されることが多いので、覚えておいて損はないと思います。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です