英文を書くときに気を付けたい「読みやすさ」「伝わりやすさ」

156

フィリピンには数多くの語学学校があります。
講師は基本的に海外留学を経て実践的な英語を身に着けており、欧米に劣らない学習環境が期待できることから、世界各国からの留学生がフィリピンに集まるようになりました。

実際に語学留学に行くのであれば、現地に到着する前にある程度の英語力を身に着けておかなければ更なる上は目指せません。
フィリピンの語学学校で提供されるカリキュラムは学校のレベルや学習目標に応じて決められているので、カリキュラムに付いていくだけの事前準備が必要なのです。

英語力には語彙・文法、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングと言った種類がありますが、学校卒業後の進路によってはリスニング力よりもスピーキング力とライティング力が重視されることもあります。
文書として英文を作成する時には「読みやすさ」「伝わりやすさ」を念頭に置いて文章を構成する必要があるのですが、英文における「読みやすさ」「伝わりやすさ」の正体とは何なのでしょうか。

英文における「読みやすさ」「伝わりやすさ」の正体

157
英語で行う文書作成の「読みやすさ」「伝わりやすさ」は、学術文書などによく発揮されている要素です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉に『シンプルは究極のエレガンス』というフレーズがあります。
これは、明瞭かつ正確に情報を伝えるために「簡潔で」「読みやすい」文章構成を心掛けなければならない、ということです。

しかし、実際には「簡潔で」「読みやすい」ことだけを考えていては良質な書面を作成できません。
なぜなら、簡潔であることを優先すればセンテンスが短く細切れになってしまって、個別の案件の特徴や、込み入った概念などを表現できないからです。
「伝わる」文章であるためにはある程度のセンテンスの長さは必然と考えていいでしょう。
かといって長すぎるセンテンスでは要点が見えにくく、結局文書の要点が伝わらなくなってしまいます。

「読みやすく」「伝わりやすい」文書は、適切な長さに調整されたセンテンスによって全体を構成し、ポイントに焦点を当てて提示することで出来上がるのです。

「読みやすく」「伝わりやすい」文書への調整方法

・文章(センテンス)の長さを調節する
1センテンスあたりの語数は20から25語が適切とされています。
ただし、現行の種類によって増減がありますので、作成する文書の分野を判断基準にするといいでしょう。
短いセンテンスはand、butといった接続詞などを使用して次の文章につなげ、流れを作ることをおすすめします。
逆に長すぎるセンテンスは接続詞を外して区切りをつけて下さい。

・リズムを取る
適切な語数の目安が決まっているとはいえ、全く一本調子では長い文書は読むのが苦痛になります。
語数を意識的に加減して文書にリズムを付ければ、より読みやすい文章になるはずです。

・ポイントに焦点を集める
文書の内容を集約したポイントに焦点を当てて、文のまとまりごとに別々に提示するようにします。

センテンスや構成を調整して読みやすい文書を目指すにしても、中身が伴っていなければ話になりません。
文書作成の際にはまず内容をよく吟味して、要点を明確にとらえてから作成に入るようにしましょう。

無料で『フィリピン留学まとめ資料』をプレゼント中

これでフィリピン留学の全てが分かる!
現地学校の最新情報から
アクティビティーまで、情報満載です!
弊社でお申込のお客様限定で、
下記3つのキャンペーンを適応します!
cta

①2カ国留学無料手配
②オンライン英会話最大24ヶ月無料!
③国内外の就職サポート
④模試トレ 無料で1回受験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です