オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > フィリピンの留学についてや食事について

フィリピンの留学についてや食事について

フィリピン留学で学校を選ぶときのポイント


英語はフィリピンで学ぶことができ、実際に学校も数多く存在しています。後悔しないためには選び方が重要になりますが選ぶときにはいくつかチェックしたいポイントが存在しています。ここではどんなチェックポイントがあるのかについてを紹介します。
まず1つ目は学校のタイプについて確認をしておきましょう。実際に学校のタイプは大きく分けると3つありキャンパスタイプとビルタイプとリゾートタイプがあります。例えば知らない地域なので安全のためあまり外出をしたくないという場合はキャンパスタイプを選ぶといいでしょう。キャンパスタイプは敷地内に校舎や寮などほとんどの施設が入っているので特別なことがない限りは外出の必要はありません。便利な施設になっているので人気を集めています。また近年ではリゾートタイプも人気を集めています。フィリピンはリゾート地としても有名な国です。留学に関してもリゾートホテル内に校舎を構えているところも存在しています。勉強とリゾート地を楽しみたい人はリゾートタイプの学校を選ぶといいでしょう。
続いて2つ目の選び方としては滞在先を重視する方法です。滞在先も大きく分けると3つありホテル、学校寮、キャンパス外の学校寮が存在しています。この中でも多くの学校では学校内に寮を構えているところが多くなっています。特にしっかりと勉強を行いたいという場合には学校寮を選ぶことで勉強に集中できるので魅力的です。また日本と設備があまり変わらないところを選びたいならホテルを選択するといいでしょう。基本的には日本で利用するホテルと設備は変わりません。移動はシャトルバスがあり安心です。授業以外はのんびりと過ごしたいと思っている人はホテルを検討するといいでしょう。
続いて3つ目は学校のスタイルで選ぶ方法もあります。フィリピンはそれぞれ学校のスタイルが異なるので事前にどんな場所がいいのか確認しておくことが大切です。例えばスパルタ式と呼ばれる学校も存在していますが、ここでは平日の外出禁止や毎日単語テストなど比較的厳しく授業をしてくれます。しっかりと勉強をしたいと思っている人はスパルタ式について検討するといいでしょう。逆に厳しくないところを選びたい人はリゾート式について検討するといいでしょう。ここではリゾートホテルに滞在しながら勉強をすることができます。授業以外はリゾート地で遊ぶこともできますし勉強以外も楽しめます。

フィリピンの食事について


どこの国でもそうですが海外に行くときには日本との違いにビックリとしてしまう人もいるでしょう。その中でも違いがあることとしては食事が上げられます。ここではフィリピンでの食事についての豆知識を紹介します。
まず初めに食事のマナーについて紹介をしますが、食事の時に使うものとしてはスプーンとフォークが基本です。中にはスプーンを使うの?と思う人もいるかと思いますがこのスプーンはフォークの代わりに使用するものです。しかし伝統的な食べ方としては手で食べます。それぞれ行く場所によって食べ方は異なりますが多くの日本人はスプーンとフォークを使用して食べることが多くなっています。
また日本でファストフードやフードコートに行くと食べ終わったら自分で片づけることが多いですがフィリピンの場合は片づけないのが基本になります。片づけると逆に怪しまれる場合もあるので残しておくようにしましょう。続いてフィリピンでの食事習慣に関してですが基本はおやつなどが午前と午後、夜食にあり3回食べることになります。日本よりも多く食べることがあるということを覚えておきましょう。このように日本とは食事の文化やマナーなどが変わるので心配だという人は事前に調べておくと安心です。
またフィリピンの料理について心配する人もいますが基本的な料理に使用される食材としては肉や魚、米などになるので日本とそれほど変わりません。食事のマナーなどは日本と異なりますが食べ物に使用される食材は似ているので日本人でも美味しく食べることができます。

フィリピンへ留学をする魅力


フィリピンへの留学を検討している方は多いかと思いますが実際に留学することでどんな魅力があるのでしょうか。ここではどんな魅力があるのかについて紹介をします。
まず魅力としては時差が少ないことです。例えばアメリカの場合は行くまでに時間もかかりますし時差もあるので生活に苦しむ場合があります。時差ボケなどをなるべく避けたいと思っている人は日本から時差の少ないフィリピンへの留学を検討するといいでしょう。基本的には1時間程の時差になるので安心です。
続いてマンツーマンでの授業も行えることです。グループ授業がメインの場所も多いですがフィリピンではマンツーマンでの授業が多くなるのでしっかりと英語を学ぶことができます。自分のペースでしっかりと勉強をしたいと思っている人はマンツーマンレッスンが行えるフィリピンへの留学を検討するといいでしょう。
このように魅力についての紹介をしましたが、いくつか魅力が存在しているので近年では留学生が増えています。悩んでいる人は魅力なども見ながら検討するといいでしょう。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000