オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > フィリピン留学における学校選びのコツとは

フィリピン留学における学校選びのコツとは


自分が学校に何を求めているかを考えよう



フィリピンで留学をするにあたって、特に重要といえるのが、どこの学校に行くかという点ではないでしょうか。日本人に人気の留学先であるために、日本人に向けた英語学習の学校が数多くあります。この中から自分にぴったりの留学先を決めるにはどうしたらよいのか、ここではフィリピン留学における学校選びのコツを紹介します。

まず英語学習において、目的としているところを考えながら学校をイメージしていきましょう。例えばどれくらいの規模の学校がよいでしょうか。規模が大きいところは人数が多く、たくさんの人と交流できることでしょう。日本人が多いところであれば同じ環境にある仲間がたくさんできるでしょうし、日本人があまりいないところであれば、英語を鍛えるよい機会になるかもしれません。小規模で生徒数が少ないところであれば、少数精鋭の密な授業を行ってもらえることもあるでしょう。学校の規模によって、学習スタイルはかかわってきます。日本人の受け入れが多いか少ないかも学校選びの基準として重要な要素といえるでしょう。

ほかには、英語学習の内容も気にしておきたいポイントです。例えばスピーキングの授業が多い学校では、会話力の向上を重視していることでしょうし、TOEIC対策を中心とした授業をしているところもあります。フィリピンでは基本的にフィリピン語と英語が公用語のために、どこでも英語を学べる環境にありますが、本場のアメリカ英語を学びたいならクラークにいくのがおすすめです。もともとアメリカの空軍基地があったことにより、アメリカ人ネイティブも多く在籍しているためです。同じ英語でも、アメリカ英語に特化したいなどの目的をかなえることもできます。

授業のタイプはどういったものかも確認しておくとよいでしょう。マンツーマンが多いか、グループ授業はどうか、1クラスの人数はどれくらいでやっているのか、授業時間はどれくらいか(長すぎないか、短すぎないか)。ホームページやSNSページがあれば確認しておくとよいでしょう。



人気のある留学先をチェック



学校の内容や規模のほかに気にしておきたいのが、学校のある場所はどんなところかという点です。フィリピンではそれぞれの地域によって雰囲気や気候、学校の環境が変わってくるのでできるだけ学校のまわりのことも含めて選ぶことをお勧めします。ここでは特に人気の留学先をいくつか紹介します。

例えばセブ島であれば、海が美しくレクリエーションが充実しています。申し込みは自分たちでする場合もありますが、学校でしてくれるところもあるので、学校のアクティビティをチェックするのもよいでしょう。ヨガやダンス、バイオリンなどの楽器類の習い事なども多く、英語以外の趣味や学ぶところを広げることができます。

英語に集中したいならクラークがおすすめ。郊外で、セブなどのように日本人に特に親しまれているわけではありませんが、そのぶん日本人も少なく、学習環境はとてもよいといえます。近くに空港があるので意外と交通の便がよく、フィリピン内を旅行するのにも向いています。高級ホテルやレジャー施設もそろうので、ゴルフなどのレジャーを楽しむこともできるでしょう。便利な大都市で勉強したいなら首都であるマニラがよいかもしれません。日本までの直行便も出ているので交通の便もよいです。高層ビルが立ち並び、商業施設も多くあります。都会で街並みもきちんと整備されています。場所によっては少し危険に感じるところもありますが、アラバン地区は治安がよく、落ち着いていて中心部にあるカジノのような場所もありません。日本語対応が可能な病院などもあり、アラバン地区であれば日本人が一人でも安心です。



そのほかおすすめの留学先スポット



人気の留学先以外にも、英語学習者に最適なところはたくさんあります。例えばクラークに比べて交通の便がよくありませんが、スービックもまた、もともとアメリカ海軍基地があったところ。アメリカのネイティブがいるので英語を学ぶには最適な場所といえるでしょう。

田舎でのんびりとしたいならバコロドがおすすめ。特に有名な観光地ではありませんが、ゆったりとした空気が流れているところです。学生も少ないので、自分のペースで学習できるのが、最大の利点かもしれません。田舎ですが市内にショッピングセンターがあり、暮らしの必要なものも揃います。サトウキビ畑が広がる、穏やかな場所です。国内線で移動しなければならないのが難点ですが、ひとたび都会を離れ、喧騒のない静かな場所で勉強できます。

フィリピンは基本的に気温が高く暑い国ですが、少し涼しいところで過ごしたければバギオがよいでしょう。山間の町で、気温は最高26度程度とほかの地域より低めで過ごしやすいです。大学が5つほどあるので教育の街としても親しまれています。マニラから高速バスに乗って6、7時間はかかってしまうので、行くのは少し大変かもしれません。マーケットがいくつかあり、その土地ならではの特産物や工芸品が並ぶのも楽しいです。もともと日本からの移民が多かった街でもあるため、親日的な面も持ち合わせています。

イロイロもまた、学校が数多く揃っているところで、名門校の講師も在籍し、教育の場所としてもってこいのところといえるでしょう。

日本、フィリピン間の歴史を学びたいならダバオ。20世紀初頭は日本人街があったともいわれていて、「フィリピン-日本歴史資料館」があります。セブやマニラなどと比べて日本人学生がかなり少ない穴場となっています。母国語を禁止するシステムなどで英語力の向上を助けてくれるのもうれしいところです。

このように人気スポット以外にもフィリピンにはたくさんの英語学習に向いた場所があります。学校選びの参考の一つにしてみてはいかがでしょうか。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000