オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > フィリピン留学には何が必要でどんなことをするのか

フィリピン留学には何が必要でどんなことをするのか

留学に必要な条件はあるのか


フィリピン留学には、まずは十分なパスポート残存期間が必要です。また、旅行や留学に慣れている人では、パスポート用に撮った写真そしてパスポートのコピーを用意して持っていく場合もあります。一般的にはパスポート一つで良いのですが、このように万が一に備えていくのも大切です。フィリピンでは基本的に片道だけ航空券を持っている人は入国できないようになっていますので、一般的には日本への帰国用の航空券を持参して提示する形になります。
しかし出国に関しては日本以外の国でも大丈夫です。次に現金も用意する必要があります。外貨の交換所も現地にはありますが、あらかじめいくらかの現金にしてもっていくのも行動がスムーズにいくポイントとなります。現金をできるだけ持ちたくないといった人は、クレジットカードや国際キャッシュカードがあればそのようなものを持っていきましょう。
国際キャッシュカードのようなものは、海外のATMでも利用することができますので便利です。クレジットカードのようなものは、自身の身分証明書にもなりますし、留学目的の学生でも同じように証明になりますので作って持っていくことでも良いでしょう。SSPという特別就学許可証というものもありますが、申請するためには写真が必要ですので、既定の写真を2枚用意しましょう。留学に必要なもので例えば勉強に必要な参考書や辞書、またパソコンなども持っていくとすぐに使うことができますし、留学に関しては必需品と言えるものです。さらに留学前に、どのような場所が危険なのか、どこだったら安心していられるのかなど安全情報などの知識も入れておきましょう。ちょっとした知識を、最初に頭の中にいれておくだけでも、行った先の国での生活がスムーズにいくものです。

留学には費用の心配がつきもの


フィリピン留学が人気の理由には、留学にかかる費用が他の国に比べると安いということがあります。例えばセブ島にある学校を見てみると、授業料と宿泊費用に加え、食事費用がついた一人部屋のプランで、一ヶ月でおよそ20万円というところもありますので、お金に余裕のない学生などの留学にも向いています。学校によって、授業のカリキュラムに違いはありますが、行った先の学校によってはマンツーマンで授業を行うところもあります。何人かのグループになり授業を受けるタイプもあります。実際、海外へ行って勉強することで、生きた言葉を耳から聞き習得することができます。それから渡航費や海外保険、またSSP代金や出国するときにかかる空港税なども費用としてみておきましょう。そのほかに、お小遣いも必要です。勉強ばかりをしているわけではなく、時には気分転換もすることも必要となるでしょう。
お小遣いは、基本的に勉強中心として考えて、他にどのようなものに使うのかなどを最初に考えながら用意していきましょう。留学はあくまでも勉強をしにいくものですので、レジャーとは違います。贅沢や羽目を外さずに勉強に集中できるような息抜きをしていけば、お小遣いもそれほどの額は必要ありません。留学先として見てみることでフィリピンが人気があるということについては、第一にかかる費用が他の国よりも安いというところですが、遊びにかけてしまうお金を多くしてしまうと、本末転倒ということにもなりかねませんので注意しましょう。

留学先の学校について


フィリピン留学先の学校は、セブ島があります。ここはとても美しい島で有名な場所です。そして近代的な地域になっていますし、さまざまな設備も整っています。実績のある学校があり、自然が豊かでリゾートホテル中に学校を設けてあるところがありますし、昔から留学と言えばこの学校だと、セブ島を代表する語学学校も存在しています。現代の子供たちが関心を持つような、スタイリッシュでモダンな空間の中で欧米式の授業を行う学校もあります。このような学校は特に学生たちに人気があります。また、とても多くのプログラムを提供している学校もあり、さまざまな学生のニーズにこたえることができます。このような学校は大変人気がありますので、予約も早めに行う必要があります。昔からの名の知れた学校も多くありますが、最近新しく建設された学校もあります。新しいキャンパスで落ち着いた空間の中で勉強することができます。
新設された学校などでは、生徒たちにかかわるスタッフの数も多くいますので、留学先での生活も安心して過ごせます。留学先の学校については、親子で留学することができる場所や、シニアの留学にも対応しているところもあります。またジュニアを対象にしている学校もあり、幅広くそして適した学習環境の中、勉強に励むことができます。セブ島では、周囲の環境の良さをアピールし、大型のリゾートキャンパスを設けている場所があります。行う授業についても、数多くのコマをこなすような形のところもありますし、語学学習についてかなり厳しいスタイルをとっている学校もあります。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000