オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > フィリピン留学はリゾート気分も味わえると大人気

フィリピン留学はリゾート気分も味わえると大人気


フィリピン留学はリゾートアイランド留学



フィリピン留学は意外と希望者が多いようですが、それはリゾート気分が味わえるということも理由のひとつのようです。フィリピンは実に7000を超す島々があり、いわゆるリゾートアイランドと言えます。もちろん留学ですから遊びに行くわけではありませんが、学校が休みの時にはリゾート気分を満喫できるでしょう。留学先はマニラが多いようですが、ほかにも留学先はあります。この国はその歴史の中でヨーロッパやアメリカの影響を受けましたし、日本との関係も良好で、親日的なムードがあります。

ちなみに東南アジア諸国のなかでは珍しいカトリックの国で、しかも東京からマニラは空路で4時間という近さで、具体的には日本の与那国島からフィリピンのイアミ島は実は距離にして480kmで、時差は1時間です。気候は熱帯性ですから、年間を通じて温暖で、年平均気温は摂氏26度から27度です。なお 6月から11月が雨期で、12月から5月が乾期とされていますが、服装は日本の夏服で間に合います。ただし、ホテルやデパートでは冷房が効いているので冷えすぎには要注意です。なおサンバイザーと日よけの眼鏡があるほうが良いでしょう。

学校については日本でフィリピン留学を専門に扱っている会社で詳しいことが分かりますから、そのようなところとコンタクトをとることをおすすめします。近いようでも日本ではフィリピンの学校についての情報はそれほど多くはないようですから、自分で探すよりも専門にしているところを頼るほうが、結局は早道になりますし、実際の留学生活についての詳細や、渡航の手続きなどについてのお手伝いもしてもらえます。ちなみに一人旅で、必要な場合は無断での留学ではなく親族の了解を得るようにしましょう。



英語が基本的には使えるフィリピン留学



フィリピンは植民地時代も統治下の時代もありましたが、その結果できた国語はタガログ語で、ややスペイン語にも似たところがあるかと思うと英語に似た単語もあります。これが公用語ですが、アメリカの影響が強いので、英語も通じる場合が多いようです。ちなみに東南アジアですが、英語を話せる人口としては実は世界で第3位です。

また、ビザに関する手間や面倒臭い手続きはない代わりに、パスポートの残存期間が必要ですが、必要となる手続きは現地の語学学校で行え、入国すると30日間の観光ビザが支給されます。また、30日を超えると延長ビザを取得することができます。なお、語学学校での研修にはSSP(Special Study Permit)、つまり特別就学許可証が必要ですが、学校での手続きで1回6カ月間有効でます。

一応の知識として言いますと、現地通貨はフィリピン・ペソとセンタボです。紙幣は1000、500、200、100、50、20ペソで、硬貨は10、5、1ペソのほかに25、10、5センタポで、これはアメリカと似ています。フィリピンでの生活は安上がりにしようとすればそれなりにできますし、贅沢をしようとすればそれなりにできますが、一応は郷に入れば郷に従うというのが一般的でしょう。

また、治安の面ではもちろん危ないところがあるのは日本やアメリカなどと同じで、要は本人の気持ち次第ということになるでしょう。また、不慮の事故などについてはどこの国にいても同じと言えます。危険なビーチなどに近づかないようにリゾート気分を味わう分には楽しい生活が送れるでしょう。



フィリピン留学の基本的な流れを見る



フィリピン留学の基本的な流れの一例をみますと、手続きをはじめるのは6カ月くらい前で、まずは留学を斡旋する会社から資料を取り寄せて、セミナーなどに参加します。セミナーにはぜひ参加しましょう。単独での手続きができないわけではありませんが、できれば留学エージェントを利用するほうが早道になるでしょう。ちなみにキャンペーンを利用すると割安になるようです。資料を見て質問があれば問い合わせでクリアできます。問い合わせはウェブだけでなく、フリー・ダイヤルの電話でできる場合があります。

主な相談のポイントは留学する日程や期間、予算と語学学校などです。また、カウンセリングもありますから、気軽に相談できます。ちなみに現地での滞在先は語学学校とセットになっていますから、別とに宿泊先を探す必要はありません。ただし、混み合う時期があるので、申し込みが満杯になっていることがあるかもしれません。予算についてはまちまちですがこれも相談次第です。またクレジットカードでの分割払いもできるとより便利でしょう。このような費用の概算見積もりは希望渡航日の3カ月前あたりまでには行っておくと良いでしょう。

ビザの手続きは不要ですのでギリギリでも大丈夫ですが、なるべくなら余裕を持っておきたいところです。それから航空券と留学保険の手続きと申し込みですが、これは前金での銀行振り込みかクレジットカード支払いになる場合が多いです。それが済むと、入学許可証とピックアップ確認書、渡航前ガイドブックが支給されます。これらの確認は担当者とおこないますが、連絡は電話とメールだけで行うことが可能な場合があります。

パスポートと航空券についてですが、航空券は往復チケットあるいは第三国への出国チケットになります。付記しますと、これらの手続きではかなりの枚数の証明写真が必要になりますが、滞在期間により枚数は異なります。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000