オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > 留学する前に知っておきたい、フィリピンってどんなところ?

留学する前に知っておきたい、フィリピンってどんなところ?


現地で生活するときの基礎知識



今留学先としてかなり人気を集めているのがフィリピンです。これから英語学習のための留学を考えている方の中で、候補に挙げている人も多いのではないでしょうか。しかしながら、欧米諸国に比べ、フィリピンの位置づけやどんな国かといったところは見えづらいところです。いったいどんな国なのか、どんなふうに生活しているのかなど、フィリピンのよいところや知っておきたい基本的な知識を紹介します。

まず、フィリピンは日本と同じ島国です。しかし、日本と違って驚いてしまうのが島の数でしょう。なんと7000以上もの島が集まった国で、地域性はさまざまです。また、歴史的に植民地や軍基地があったことや、日本との交流もあり、ヨーロッパやアメリカ、日本をはじめとしたアジア文化がミックスした場所ともいえます。日本からの直行便も数か所出ているため、最短で4時間ほどと近いです。時差は1時間ということも、ときの流れも日本に近しいところがあるでしょう。

公用語はフィリピン語と英語です。ここが留学にとても適しているポイントといえます。特にセブ島などの観光地付近は英語をメインとして利用している人が多いほど。セブ島はリゾート地でありながら、人気の留学スポットでもあるのです。アメリカ、イギリスの次に英語を母国語にする人が多い国でもあります。フィリピンの英語力は世界でも評価が高く、さまざまな企業が英語を利用する際にフィリピン人を登用しています。

また、物価は日本の1/3~2/3程度でかなり安いといえるでしょう。買い物は大きな商業施設か、地元のスーパーなどを利用することができます。買い物する場所によって物価が違うため、注意が必要です。空港や個人経営の店は少々高めですが、スーパーは手ごろで使い勝手がよいです。



ちょっと驚く日本との違い



日本に近しいところもあり、留学先としてもおすすめできるのがフィリピンです。しかし、日本とあまりに文化が違うためにカルチャーショックを受けることもあるかもしれません。ここでは気になる日本とフィリピンの違いを紹介します。気になるのは治安の面ではないでしょうか。殺人や暴力などの事件は少ないですが、とにかくスリが多いです。公共交通機関を使うときは特に気をつけておきましょう。

街を歩いていて驚くのはペットの話がいかもしれません。日本でペットというと身のまわりできちんと飼うイメージですが、現地ではほとんど放し飼いにしています。鶏や牛なども道に放されています。病原菌を持っている可能性もあるため、接触には十分注意しましょう。動物の鳴き声も多く、日本よりはうるさい印象です。気になりそうであれば耳栓や音楽再生機器を持っていくのがおすすめ。特に朝は鶏の声がかなり響くこともあります。

また、水も日本と違います。水道水はおなかを壊すかもしれないので、ミネラルウォーターを飲みましょう。注意しておきたいのは、水がミネラルウォーターでも、氷が水道水の可能性があるということ。気になるときは店員さんに確認をしてみてください。

交通機関としては、タクシーは日本のように決まったメーターがない場合や、長距離移動で追加料金などをいわれる場合があることでしょうか。そのまま鵜呑みにするのではなく、交渉したほうがよいこともあります。学校のスタッフなど、慣れている人に交渉を助けてもらうのも手です。タクシーが走っていないエリアでは、ジプニーという乗り合いバスやトライシクルという三輪タクシーも使われています。どれを利用するにしても、日本よりもスリ被害が多いので気をつけましょう。ジプニーは下車するときのサインが特殊で、大きな声で「パラ」と叫ぶか、天井をお金でたたいて降りる合図をしなければなりません。定額で乗れますが、金額はジプニーによって違います。トライシクルは人力車のようなもので、自転車にサイドカーがついている乗り物です。タクシーやジプニーに比べると少し遅いですが、現地の人がよく利用しています。



留学の地はどんなところ?



いざ留学をするとなれば、特定の学校がある地域から選ぶことになります。では、語学学校のある地域はどのようなところなのでしょうか。ここでは、語学学校のある地域をいくつか紹介します。

人気のある地方は、セブ島です。リゾートとしても有名ですが、語学学校も多数あるところとして名を馳せています。セブ島とつながっているマクタン島というところがあり、こちらはとても海がきれいな場所です。ここに日本からの直行便が出ているので、アクセスもよく、それも人気の理由の一つでしょう。約5時間弱で着くことができます。治安もよいので日本人も安心して生活できます。セブは経済や文化がとても発展していますが、場所によって地方色が違っているのもおもしろいところです。リゾート地としての観光向け商業が多く取り揃えられるなか、現地の人が好んでいく飲食店や屋台があったり、地元らしいスーパーがあったりと、フィリピンの文化を知ることもできます。セブ島自体は商業施設が盛んな場所で、オフィスビルも多い都会のイメージが強いでしょう。

リトルカリフォルニアと呼ばれるクラークも人気スポットの一つです。アメリカ空軍基地がもともとあった場所で、ネイティブも多く在籍しています。セキュリティーがとてもよく、タクシーやジプニーが入れないところもあります。基本的にトライシクルは入れないようになっています。遊ぶところが少ないので、レジャーには向いていないかもしれませんが、学習にはかなり最適といえそうです。ゴルフは人気で日本よりも手ごろな値段で楽しめるため、休日に楽しむ人も多いようです。博物館などの施設もあるので放課後の勉強もできます。海外企業の出店も多くコンビニもあります。治安がとても安定しているのが一番の利点でしょう。

ほかにもバギオやイロイロは教育機関が揃う場所。大学や学校が多くあるので、学生が多く、勉強するには最適の街です。このように同じ現地でもその特徴や環境によって得られるものが違います。国自体がどんなところかはもちろん、地域について知っておくことも、留学を楽しむポイントの一つになるのではないでしょうか。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000