オンライン英会話TOPESLログイン オンライン英会話TOPESL新規登録 留学相談予約 留学説明会予約 留学申し込み
お問い合わせ フリーダイヤル メニュー

フィリピン留学・セブ島留学なら格安手配【フィリピン留学ドットコム】 TOP > コラム > 近くてお手軽に行けるセブ留学が今お勧め!

近くてお手軽に行けるセブ留学が今お勧め!


明日からでも行けるセブ留学



英語の留学先としてまず浮かぶのは、イギリスやアメリカ、オーストラリアなどの英語圏ですが、世界で三番目に英語人口が多い国が、日本から飛行機4時間ほどで行ける距離にあることをご存知でしょうか。その国とは、フィリピンです。まだ認知度は低く、あまり知られていませんが、アジア圏から気軽に行けて費用も安く、人気がどんどん上がっており、その中でも、世界的に有名なマリンリゾートの地・セブ島は、特に学生が増えてきています。短い休みを利用しての短期で、あるいは本格的な留学を前に外国に慣れる為、また、旅行と勉強を兼ねて行かれる方、セカンドライフを楽しむ方など、気軽に行ける距離と費用だからこそ、多様化した目的にも対応しています。物価も安く、短期であればビザなしで、明日からでも行けるセブ留学について紹介します。

世界でフィリピンはアメリカ、インドの次に英語を話す人が多い国です。首都マニラを中心に、人口は約一億人、公用語はタガログ語と英語が話されています。現地語を含み100を超える言語が混在する為、学校教育は基本的に英語で行われます。テレビ・新聞・ラジオなどはすべて英語が使われ、ほとんどの人がバイリンガルで、実用的な英語を話すことができると言われています。

フィリピンでの英語環境を利用した語学留学は、その安さと手軽さから、実は韓国では10年以上前から人気がありました。それゆえに日本人にも知られるようになった背景もあり、フィリピンには韓国資本の学校がたくさんありますが、現在の生徒のほとんどが韓国人か日本人が多数を占める為、日本語サポートもしっかりしており、情報も充実しています。初めての海外という方にも、安心してお勧めできる渡航先といえるでしょう。



こんなにお手軽セブ留学の魅力



物価は日本の3分の1程度と生活しやすく、滞在中の費用が最小限に抑えることが可能、フィリピン留学最大のメリットはコストパフォーマンスにあります。アジア圏から近いといっても英語を公用語とする国ですので、生きた英語力を身につけることができる上、世界有数の美しい海を眺めながら生活することができます。平日には集中して勉強し、週末は世界中の観光客を魅了する観光地に出掛けたり、マリンスポーツを満喫するなど旅行とは違うセブを感じてみてはいかがでしょうか。

とにかく思い立ったらすぐに行ける距離と手軽さですが、授業内容もバラエティに富んでおり、個人の目的に沿って選ぶことができます。TOEICやTOEFLの試験対策に特化したレッスン、仲間と楽しむグループレッスン、個人レッスンで集中した授業を受けたい方はマンツーマン、短期で詰め込みたい方は朝から晩までみっちり組まれたレッスン、海外企業も多くあるフィリピンゆえの法人研修用のレッスン、友達や親子で楽しく学べるレッスン、マリンスポーツなどのアクティビティとセットになったレッスンなど、リゾート地ならではのカリキュラムが盛りだくさんです。渡航費用や生活費が安くできる分、ご自身の希望に沿った満足のいくレッスンを選ぶことが可能となります。

滞在はもちろんホームステイや自身で部屋を借りることもできますが、基本的に語学学校は全寮制となります。個室や共同部屋、トイレやシャワーも個室についているのか共同で使うのか、場所や価格によって様々です。どこにポイントをおくか決めた上で決定されるとよいでしょう。



失敗しないセブ留学をする為に



フィリピンの治安はルールさえ守って生活していれば、ほとんど心配はありません。しかしながら、日本でも同じことですが、夜一人で危険な地域へ出歩くなどは避けなければいけません。海外にいる限り、一人一人が日本人代表として見なされると思って行動する必要があります。また、日本では口の開いたバッグも普通に持ち歩くことができますが、海外では自己責任となりますので、十分注意して、口の閉まるバッグを利用するなどして盗難防止を心がけましょう。

各学校では保険加入が義務付けられています。現地で加入することもできますので、学校に問い合わせして、確認するようにしましょう。セブ島では日本語デスクがある病院もあります。病気や事故にあった場合に備えて、万が一の際にどう行動したらよいのかもチェックしておくことが大事です。薬や化粧品など、現地でも手に入りますが、不安な方は日本から持参されることをお勧めします。

グローバル社会となりつつある現在、英語ができるとできないとでは就職や将来に多大な影響を及ぼします。特に島国で世界の中でもシャイな人種に分類される日本人には高いハードルかもしれません。しかしながら、一歩踏み出せば、日本では経験できない未知の世界が広がっています。異国文化に触れ、言語を学び、現地の人々と生活することによって、英語以外にも貴重な体験をすることができます。今ではインターネットという便利なツールもありますので、経験者のブログやサイト、留学サイトなどを利用して情報収集できます。興味を持たれた方は、一度検索されてみてはいかがでしょうか。



無料で送付!即日発送! 資料請求フォーム 東京・大阪・福岡オフィスにて個別相談 カウンセリング予約 手数料はもちろん無料の安心手続き 留学申込みフォーム 毎週開催!お得な参加特典あり! 留学説明会予約フォーム 些細なことでもお気軽に! お問い合わせフォーム

Quickメニュー

building大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル5-6F

building東京オフィス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル7F

building福岡オフィス

(※開設準備中7月オープン予定) 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

buildingセブオフィス

16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000